「小説が苦手」を「精神年齢が低い」でごまかさない国語の読解指導

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

「国語の読解で小説が苦手」という生徒がいます。算数や数学が得意な理系タイプの男の子は、説明文や評論は得意でも、小説が苦手な場合が多いですね。

こういう生徒たちに対して、「小説が苦手なのは、心情を理解できないからだ。そして、心情を理解できないのは、精神年齢が低いからだ」と言う国語指導者がいます。指導者のこうした言葉は、確かに正しい面があります。登場人物の言動や情景描写とそこに込められた心情とを結び付けるには、ある程度の人生経験や読書経験が必要だからです。

とはいえ、「小説が苦手」の原因を何でもかんでも「精神年齢」のせいにして、有効な対策を練らないのであれば、それは国語指導ではありません(このレベルの国語指導がとても多くて困ってしまいます)。「精神年齢」という言葉でごまかさずに、多くの生徒たちが抱える「小説が苦手」の根本原因とその対策を考えましょう。

「小説が苦手」という生徒たちの傾向分析

次の文章を読んで、後の問に答えなさい。

久美は泣き出した。テーブルの上には六十点のテストがあった。

「久美が六十点を取るなんて初めてのことね。この点数がそんなに悔しかったのかい?」

明子の言葉に久美がこくんと頷いた。

明子が久美とテストを見比べる。

「でも、取ってしまった点数は、もうどうにもならないわ。しかたないじゃない。次がんばればいいだけよ。そうでしょう?」

明子に促され、久美は涙をぬぐった。

「はい……次……がんばります……」

何とか声を絞り出して答えたものの、久美にとって、テストはもはや他人事だった。このとき久美は聡の言葉に捕われていた。

一週間前、公園の噴水前で聡が久美に言ったのだ。

「君とはもう一緒にいられない。君と僕とは考え方が違うってよく分かったんだ。終わりにしよう」

久美は、「終わりにしよう」の意味を理解できなかった。あまりにも突然のことだったから。

「君と一緒に過ごした時間は本当に楽しかった。ありがとう」

聡はニッコリ微笑んだ後、久美に背を向けた。そのまま公園の出口へと歩いて行った。

久美はその場に立ちすくんだ。聡を追いかけないと――心の声を体が無視する。どうしても動けなかった。聡の背中がどんどん遠ざかっていくのに……。

この日以来、久美は聡に連絡していない。聡との関係が終わったことを認めたくなかった。しかし、現実は重く久美にのしかかってきた。当然、テスト勉強も手に付かなかった。

――ありがとう。

久美の頭の中に、聡の最後の言葉が響き渡った。再び久美の頬を涙が伝い落ちた。堰を切ったように、感情がとめどなく溢れ出す。久美にはもう止められなかった。

目の前で泣き崩れる娘に、明子はただとまどうだけだった。

問、「久美は泣き出した。」とありますが、このときの久美の気持ちを簡潔に説明しなさい。

この例題を使って、「小説が苦手」という生徒たちの傾向を分析してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です