生徒

スポンサーリンク
生徒

直線が点からずれる!グラフや図形を上手に描くための定規の使い方

算数・数学では、関数のグラフを描いたり、定規とコンパスを使って作図したりします。こうした作業が苦手な生徒たちは、点を通る直線がずれてしまいます。彼らが上手く直線を描けない理由を明らかにして、具体的な対策を紹介します。
生徒

割合以前に日本語ができない!算数の文章題でつまずく生徒たちの現状

多くの小学生が、算数の文章題でつまずきます。彼らのつまずきの原因について分析してみます。彼らは、割合などの概念が分からないという以前に、もっと大きな問題を抱えています。これは、日本の国語教育の問題でもあります。
生徒

「忘れ物をするな!」では解決しない!忘れ物を無くす合理的な方法

忘れ物の多い生徒に「忘れ物をするな!」と注意しても意味がありません。そこで、忘れ物をする原因を究明した上で、忘れ物を無くす合理的な方法を提案したいと思います。忘れ物が無くなればストレスも無くなりますよ。
生徒

3回見たけど無い!~目の前にあるものを見えなくする思い込み~

最近、与えられた問題文や資料などを見ないで考え込む生徒が多いように思います。目の前にあるものを見えなくする思い込みが生徒たちに生じる原因を考え、その思い込みを打ち砕く声がけについて考えました。
生徒

授業中に話しかけられたらどうする?悪意無き加害者から身を守る方法

授業中に話しかけられたA君は、先生から注意されてしまいました。一方、話しかけたB君はおとがめなしです。A君は、B君に対してどのような態度を取るべきだったのでしょうか?悪意無き加害者から身を守る方法を考えます。
生徒

分数に書き順はあるの?手順の統一によって「勉強が苦手」を解消

「分数に書き順はあるの?」という素朴な疑問に対する一般的な見解を紹介すると同時に、みみずくの指導方針について述べます。分数の書き順から話を広げて、勉強が苦手な生徒たちの共通点を考えてみましょう。
生徒

子どもの気になる癖をどうする?落ち着きがない性格を治すべきか?

貧乏揺すりやペン回しなど、大人から見て気になる子どもの癖があります。僕が現在指導中の生徒たちも、こうした癖の一つや二つは必ずもっています。そんな生徒の癖に対するみみずくの指導方針をお伝えします。
生徒

【「差別」と「区別」】他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた

「他の人は怒られなかったのに自分だけ怒られた」と主張する子どもは、そのことを「差別」だと認識しがちです。そんな子どもに対して指導者はどう対応すればいいのでしょうか?「差別」と「区別」という観点から考えます。
生徒

春から高校生になる中学3年生へ~国数英の予習と塾などの継続基準~

春から高校生になる中学3年生が高校入学前に取り組むべきことをまとめました。国語・数学・英語の予習方法を具体的に示します。また、中学時代に利用していた塾や家庭教師を高校入学後も継続するかどうかの判断基準も提案します。
生徒

春から中学生になる小学6年生へ~国数英の予習復習と入学前の準備~

春から中学生になる小学6年生が中学入学前に取り組むべきことをまとめました。国語・数学(算数)・英語の予習復習をどうすべきか?勉強以外で注意することはあるのか?そんな疑問に対してプロ家庭教師が提案します。
タイトルとURLをコピーしました