特殊算

スポンサーリンク
特殊算

【いもづる算】つるかめ算の応用問題を解こう!不定方程式も怖くない

答となる個数がいくつも出てくるタイプのつるかめ算が「いもづる算」です。いもづる算は、答となる個数の組を1組見つけて、合計金額が変わらないように交換していくと解けます。中学や高校の数学で学ぶ「不定方程式」の文章題にチャレンジしましょう。
特殊算

【消去算】連立方程式は小学生でも解ける!加減法と代入法は簡単だよ

いくつかわからない数があるとき、式を作ってこれらの数を求めるのが「消去算」です。消去算は中学数学で学ぶ「連立方程式」の小学生バージョンで、受験生には「難しい」と思われがちですが、実は簡単です。そんな消去算の代表的な解き方を2つ紹介します。
特殊算

【過不足算】長椅子問題も簡単に解ける!席数の余りと不足に注目せよ

「過不足算」の応用である長椅子問題は、多くの中学受験生が苦手とします。しかし、椅子1脚あたりの席数の差と全体の席数の差を考えれば、長椅子問題も難しくありません。席数の余りや不足から椅子の数を求め、着席する人数も求めてみましょう。
特殊算

【つるかめ算】表・面積図・消去算が楽しい!“公式”は要らないよ

つるかめ算は、中学受験を志す小学生が3、4年で学ぶ特殊算です。塾などで教わった“公式”に頼るのではなく、表や面積図などを使って考えることが大切です。小学校中学年のうちから、情報を整理したり図を描いたりすることに慣れましょう。
特殊算

【差集め算】とりちがえ問題を表・面積図・消去算で解いてみよう!

差集め算の応用である「とりちがえ問題」を、表・面積図・消去算を使った解き方をそれぞれ紹介します。表や面積図では代金の差に注目して考えますが、消去算は計算だけで答を求められます。自分に合った解き方をマスターしましょう。
特殊算

【ニュートン算】牛が牧草を食べつくす日数?線分図と消去算とグラフ

ニュートン算の中から、牛が牧草を食べつくす日数を求める有名問題を解説します。1日で生える草の量を1として、牛1頭が1日で食べる草の量ともともと生えていた草の量を考えるのがコツです。解き方では線分図と消去算とグラフを紹介します。
特殊算

【過不足算】面積図を描ければ余りや不足を足すか引くかで悩まない!

多くの中学受験生が過不足算で「あまりや不足を足すの?引くの?」で混乱します。しかも、がんばって計算して数値を出したのに、その数値が何なのか分からなくなって、余計な計算をして不正解になります。そんな受験生におすすめなのが面積図です。
特殊算

【和差算】和と差の関係を線分図で表そう!3つの数でも簡単に解ける

中学受験算数では特殊算の入門として和差算を学びます。2つの数の和差算には公式があります。この公式が正しい理由を考えるのに役立つのが、中学受験算数の万能ツール「線分図」です。線分図を使いこなせれば、3つの数の和差算も解けるようになります。
特殊算

【過不足算】線分図や面積図を描けば個数や人数を簡単に求められる!

あまりや不足の個数をヒントに人数やもの全体の個数を求める「過不足算」では、多くの受験生が「あまりや不足を足すの?引くの?」と混乱します。そんな受験生は線分図や面積図を描いてみましょう。あまりや不足をどう利用すればよいかが理解できるはずです。
タイトルとURLをコピーしました