場合の数

スポンサーリンク
場合の数

【場合の数】じゃんけんの手の出し方は何通り?勝敗やあいこを考える

日常生活でおなじみのじゃんけんは、中学受験算数では場合の数の問題として出題されます。何人でじゃんけんをする場合でも、やるべきことは同じです。まずは3人でじゃんけんをする問題をきちんと理解して、4人、5人、……の問題に挑戦してみましょう。
場合の数

【同じものを含む順列】公式が成り立つのはなぜ?階乗やCを利用する

「場合の数(並べ方)」では、異なるものではなく、同じものを並べなければならないことがあります。このようなタイプの並べ方を「同じものを含む順列」といいます。書いて数える方法だけでなく、階乗やCの公式を利用して計算で解いてみましょう。
場合の数

【順列】Pの公式も階乗も難しくない!樹形図や積の法則から考えよう

異なるものを並べる順列の考え方について解説します。樹形図を描いて数え上げる方法と積の法則を使って計算する方法のどちらも大切です。高校数学の公式であるPや階乗にも触れながら、順列を深く理解していきましょう。
場合の数

【重複組合せ】同じものを何人かで分ける場合の数は何通りあるか?

同じものを何個でも取り出せる組合せを「重複組合せ」といいます。これは、同じものを何人かで分けるときの場合の数を求めるときに使う考え方です。今回は、多くの中学受験生が苦手とする重複組合せについて、さまざまな解き方を紹介します。
場合の数

【場合の数】順列と組合せ、和の法則と積の法則を正しく使い分けよう

場合の数の基本となる「順列」と「組合せ」の区別、「和の法則」と「積の法則」の区別について解説します。例題を通して「何が違うのかな?」と考えてみましょう。場合の数の問題では、区別して場合分けすることがとても大切です。
場合の数

【場合の数】絵を描くと簡単に解ける!旗の塗り分け問題を攻略しよう

「場合の数」でよく出る旗のぬり分け問題を解説します。4色で5つの部分をぬり分けるにはどうしますか?何色使ってもよい場合は?絵を描いてみると、どの部分を同じ色でぬるかがわかります。頭の中で考えるのではなく、手を動かしてみることが大切です。
場合の数

【組合せ】計算で場合の数を求めよう!Cの公式はなぜ成り立つのか?

中学受験生の多くが知っている組合せの公式について解説します。意味もわからないまま、便利だからといって何となくCを使っていると、入試本番で失敗します。そうならないように、「どうして公式が成り立つのか?」をしっかり理解しましょう。
タイトルとURLをコピーしました