スポンサーリンク
都立入試国語

【都立高校入試国語対策】二百字作文が苦手?3つのことを書けば簡単

都立高校入試国語では二百字以内の作文が出題されます。多くの高校受験生苦手とする作文ですが、実はとても簡単に対策できて、得点源にすることすら可能です。東京都教育員会の「採点のポイント」をふまえて、入試本番直前でも間に合う作文対策を紹介します。
小学・中学社会

社会の難問を細かい知識無しで解く!丸暗記では解けない入試問題対策

中学入試や高校入試の社会では、時々マニアックなテーマが問題になっていることがあります。たとえば、有名でない国の気候や教科書に載っていない人物などです。このような「マニアックな難問」をどう解いていくべきかを解説します。
国語一般

国語の記述問題で満点を狙おう!部分点しかもらえないNG解答例5選

国語の記述問題では、解答の方向性を大きく間違わない限り、部分点をもらえます。しかし、部分点では満足できない受験生も少なくないでしょう。彼らのために、記述問題の解答作成でやらかしがちなNGを紹介しながら、より良い解答の書き方をお伝えします。
数列

【等差数列】公式を導いてみよう!n番目の数も和も簡単に求められる

一定の数を次々に加えていった数列が「等差数列」です。等差数列にはn番目の数や和を求める公式があります。これらの公式をただ覚えるだけでなく、「どうしてそうなるの?」を理解すれば、試験本番で公式を忘れてしまってもあわてなくて済みます。
小学・中学社会

【崇徳院】保元の乱で敗れた上皇が讃岐国で怨霊になったって本当?

古代日本では、恨みを残して死んだ者の霊が「怨霊」となり、災害や流行り病を引き起こすと恐れられていました。怨霊の中でも特に有名な崇徳院について、その一生をたどりながら、怨霊になった理由に迫ります。保元の乱の背後にはドロドロした人間関係が……。
教材

中学受験算数 熊野孝哉の「比」を使って文章題を速く簡単に解く方法

『熊野孝哉の「比」を使って文章題を速く簡単に解く方法』は、中学受験算数の指導で有名なプロ家庭教師が執筆した本です。「比の解法」は方程式に過ぎませんが、方程式的な思考を鍛えたり、記述答案を作る上での参考になったりするはずです。
速さ

【通過算】電車の出会いや追い越しは難しい?図を描けば簡単に解ける

電車の長さを考えなければならない速さの問題を「通過算」といいます。通過算には、電柱やトンネルなどを通過する問題や2台の電車が出会ったり追い越したりする問題があります。しかし、解き方の丸暗記は必要ありません。
特殊算

【つるかめ算】表・面積図・消去算が楽しい!“公式”は要らないよ

つるかめ算は、中学受験を志す小学生が3、4年で学ぶ特殊算です。塾などで教わった“公式”に頼るのではなく、表や面積図などを使って考えることが大切です。小学校中学年のうちから、情報を整理したり図を描いたりすることに慣れましょう。
都立入試数学

都立高校入試数学の空間図形問題が易化?来年度は難しくなるかも?

都立高校入試共通問題の数学で、平成30年度の大問5は“簡単すぎてお話にならない”レベルでした。その結果、正答率が急上昇して14.6%に!来年度は大問5が難しくなるかもしれないので、数学を得点源にしたい受験生は要注意かも!?
口語文法

主語と述語の問題が苦手?小学生にもわかりやすく見つけ方を教えるよ

国語の文法問題の中に、主語や述語を見つける問題があります。このタイプの問題は、多くの小学生や中学生が苦手とします。しかし、実はとても簡単です。主語と述語の見つけ方を小学生にもわかりやすく解説します。
タイトルとURLをコピーしました