【量の単位のしくみ】SI接頭辞がわかれば単位換算も簡単にできる!

【量の単位のしくみ】SI接頭辞がわかれば単位換算も簡単にできる! 計算

多くの中学受験生は、3kmを300000cmに変換するような問題を苦手とします。

それもそのはず、学校でも塾でも単位換算の教え方がよくないからです。「1kmは1000mで、1mは100cmで……」のような知識をバラバラに教わるので、よほど記憶力のいい受験生以外は混乱してしまいます。

このような暗記をやめて、単位換算を簡単に行なえるようになる方法があります。小学6年の算数で最後に学習する「量の単位のしくみ」を理解することです。

本記事では、「量の単位のしくみ」をふまえて単位換算のコツを解説します。

スポンサーリンク

「量の単位のしくみ」で学ぶSI接頭辞

多くの受験生は、「mL(ミリリットル)」を1つの単位だと思い込んでいます。実は「mL」は「m(ミリ)」と「L(リットル)」に分かれます。このことがわかると、「m(ミリ)」は「m(メートル)」や「g(グラム)」とくっついて「mm(ミリメートル)」や「mg(ミリグラム)」になっていることにも気づくはずです。

体積や長さなどの単位とくっつく「m(ミリ)」や「k(キロ)」などを「SI接頭辞」といいます。このSI接頭辞のうち、中学受験レベルで使うものは次の表の通りです。

「量の単位のしくみ」でSI接頭辞を極める~単位換算の簡単攻略法~

形太
形太

日本ではdaやhをあまり見ないけど、しっかり覚えよう。特にdaとdをまちがわないでね!

たとえば、「k」を「×1000」に書きかえれば、「3km=3×1000m=3000m」と計算できます。一方、次の例題1はどうでしょうか?

【例題1】□にあてはまる数を答えなさい。   35000cm=□km

例題1は「3km=3000m」よりも難しいと思います。しかし、小数点の移動を使えば、このような単位換算も簡単に解けます。

スポンサーリンク

単位換算を小数点の移動と考える

たとえば、3.14×10=31.4、3.14×100=314…のように、ある数に10、100、1000…をかけると、小数点が右に1つ、2つ、3つ…と移動します。一方、3.14×\(\frac{1}{10}\)=0.314、3.14×\(\frac{1}{100}\)=0.0314、3.14×\(\frac{1}{1000}\)=0.00314…のように、ある数に\(\frac{1}{10}\)、\(\frac{1}{100}\)、\(\frac{1}{1000}\)…をかけると、小数点が左に1つ、2つ、3つ…と移動します。

単位換算でも同じように小数点の移動を使えます。

まず、SI接頭辞を書き並べます。左から「k(キロ)、h(ヘクト)、da(デカ)、×(なし)、d(デシ)、c(センチ)、m(ミリ)」とし、真ん中には「×」は必ず入れてください。次に、もとの単位から換算後の単位まで、左右どちらの方向にいくつ移動したかを考えます。最後に、単位の移動と同じ方向に同じ個数分だけ小数点を移動します。

たとえば、3kmの単位をmに変えたい場合、kから×まで右に3つ移動していることがわかります。

みみずく戦略室

同じように3の小数点を右に3つ移動して、3km=3000kmです。

みみずく戦略室

同じ手順で35000cmの単位をkmに変えてみましょう。cからkまで左に5つ移動します。

みみずく戦略室

同じように35000の小数点を左に5つ移動して、35000cm=0.35kmが例題1の答です。

みみずく戦略室

実際のテストでは、テスト開始直後、問題用紙の空白に「k、h、da、×、d、c、m」を書き、それを見ながら単位換算するといいでしょう。

数美
数美

真ん中に×を入れるのを忘れないでね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました