【受験国語の基礎】長文読解問題はパズルゲーム!論理的に根拠を探せ

受験国語読解講座 受験国語読解講座

多くの受験生は「国語が苦手」「国語ができない」と悩みます。しかし、その「苦手」や「できない」は、実は思い込みであることが少なくありません。

なぜなら、国語が「苦手」で「できない」受験生のほとんどは、「受験国語は単なるパズルゲームだ」という真実に気づいていないだけだからです。

学校の「国語」の授業とは違い、入試科目の「国語」の読解問題は自分の頭で考える必要がなく、与えられた本文から解答(の根拠)を探せばよいだけです(知識問題を除きます)。そして、探すためのテクニックも数が限られています。

「受験国語読解講座」シリーズでは、入試科目の「国語」を「受験国語」とし、その受験国語で広く通用するテクニックを紹介していきます。第1回の本記事では、受験国語に関する基礎的なことを解説します。

スポンサーリンク

受験国語で求められる力は?

受験国語で求められる力は、文学的センスや特別な才能ではありません。論理的な読解力と表現力さえあれば、読書経験が少ない受験生でも正解できます。

「論理的」とは「筋道が通っていること」という意味です。この意味に「分かりやすいこと」も加えておきましょう。

つまり、受験国語では「理屈に基づいて本文から解答(の根拠)を探し出す力」と「分かりにくい表現を分かりやすく説明し直す力」が評価されます。

スポンサーリンク

受験国語で出題される文章の種類は?

受験国語の読解問題では、本文が論理的文章文学的文章に大きく分かれます。

論理的文章には、何かを説明する文章(説明文)や、筆者が自らの意見を述べる文章(評論文)があります。根拠や結論、具体例などがはっきりしていて、丁寧に読めば確実に理解できる文章がほとんどです。ただし、内容が難しいこともあって、苦手とする受験生も少なくありません。

一方、文学的文章には、登場人物の言動によってストーリーが進行する文章(物語・小説)や、筆者が想うところを自由に書く文章(随筆・随想)があります。根拠や結論などがはっきりしているとは限らず、場合によっては、登場人物の言動から気持ちなどを推測しなければなりません。人生経験が少ない小学生や中学生、特に男子にとっては、論理的文章よりも苦手意識が出やすい傾向があります。

受験国語では、論理的文章も文学的文章も読解問題の解き方は同じです。小説だからといって、登場人物に感情移入してはいけません。

スポンサーリンク

どのように本文を読んで問題を解くか?

受験生や保護者はよく「本文を先に読むか?設問を先に読むか?」と悩みます。

しかし、国語の試験では、最初に「次の文章を読んで、あとの問に答えなさい。」と書かれているのが普通です。つまり、本文を最後まで読んでから設問を読むことを想定しています。

本文冒頭の傍線部の解答(の根拠)が本文の最後の方に書かれていることもあります。上位校の入試では、本文を最後まで読んでから解かないと間違う問題が頻出です。

「時間がかかるから」といって、設問を先に読むのはお勧めしません(ただし、情報処理力を試す最近の入試問題の中には、与えられた資料を全て先に読むのはやめた方がよい問題もあります)。

国語の試験には次の順番で取り組むとよいでしょう。

  1. 本文を最後まで読み通す。
  2. 設問を順番に解いていく。
  3. 本文全体にかかわる設問を解く。

1の段階では、本文がよく理解できないかもしれません。しかし、気にせずに、どんどん読み進めてください。

もちろん、本文を1回読んだだけで理解できるなら、それに越したことはありません。しかし、1回読んだだけでは内容が頭に入ってこないことも多いでしょう。そういう場合は、「どこにどんなことが書いてあるか?」を大雑把に記憶できれば充分だと考えてください

本文内容を完璧に理解しようとすると、時間がかかり過ぎて、設問を解く時間が無くなったり、焦って解かなければならなくなったりします。1回目で本文を読むときは、理解に拘らず、最初から最後まで短時間で読み終えることが大切です。

中学生や高校生なら、英語や古典の長文読解問題を解いたことがあるはずです。そのとき、本文の完璧な理解に拘らず、内容がよくわからなくても、何らかのヒントから設問を解こうとするでしょう。国語も同じです。「日本語で書かれている文章だから完璧に理解できる」という思い込みを捨ててください

また、自分なりに理由があるなら別ですが、そうでないなら、本文を読みながら線を引いたり、印を付けたりする必要はありません。線を引きながら読むのは時間の無駄です。何よりも、余計な線を引いてしまうと、それが思い込みの原因になります。

2でそれぞれの設問を解きながら、本文内容を改めてじっくり確認していきましょう。そもそも、本文全体を理解できなくても、多くの設問に答えられます。

3では、本文を読み直すのではなく、2で解いてきた設問を見直すのがコツです。もちろん、これでは解けない問題は、本文の対応する部分との照らし合わせが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました