【食塩水の濃度】天秤法で混ぜ合わせ・蒸発・やりとりを攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【食塩水の濃度】天秤法で混ぜ合わせ・蒸発・やりとりを攻略
広告

水を蒸発させる問題

食塩水から水を蒸発させると、蒸発前の食塩水よりも蒸発後の食塩水の方が濃くなります。蒸発が絡む問題では、天秤の左端に蒸発した水、中央に蒸発前の食塩水、右端に蒸発後の食塩水を書きます。

8%の食塩水250gから水を蒸発させたら、濃度が10%になりました。蒸発した水は何gですか。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

水□gと食塩△gを合わせると250gになります。したがって、□=250÷5=50(g)です。

こぼした後水を加える問題

食塩水の一部をこぼした後、残りの食塩水に水を加えると、こぼす前の食塩水よりも水を加えた後の食塩水の方が薄くなります。こぼした後水を加える問題では、天秤の左端に加えた水(こぼした食塩水と重さが同じ)、中央に水を加えた後の食塩水(こぼす前の食塩水と重さが同じ)、右端にこぼした後に残っている食塩水(こぼす前の食塩水と濃度が同じ)を書きます。

15%の食塩水600gの一部をこぼした後、こぼした食塩水と同じ重さの水を加えたら、濃度が8%になりました。こぼした食塩水の重さは何gですか。

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

水□gと食塩水△gを合わせると600gになります。したがって、□=600÷15×7=280(g)です。加えた水の重さとこぼした食塩水と重さは同じなので、答は280gです。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください