【倍数算】線分図がわかりやすい!比の応用問題の簡単な解き方を紹介

【倍数算】線分図がわかりやすい!比の応用問題の簡単な解き方を紹介 割合と比

比の応用問題に「倍数算」があります。倍数算とは、2つの数が増えたり減ったりするとき、変化の前や後の数を求める特殊算です。

計算だけで解こうとするとこんがらがる倍数算を線分図で解いてみましょう。

スポンサーリンク

差が一定の倍数算を解いてみよう

【例題1】A君とB君の所持金の比は4:3でしたが、2人ともそれぞれ900円の本を買ったので、A君とB君の所持金の比は5:3になりました。A君のもとの所持金はいくらでしたか。

算数の問題集などには、次のような解き方が書かれています。

2人の所持金の差の比は、本を買う前が4-3=1、本を買った後が5-3=2です。

2人の所持金の差は一定なので(変わらないので)、差の比の1と2を最小公倍数の2にそろえます。本を買う前が8-6=2、本を買った後が5-3=2となりました。

A君の所持金に注目して、本を買う前と本を買った後の所持金の差の比は8-5=3です。したがって、比の1にあたる金額は900÷3=300円とわかります。

A君のもとの所持金の比は8なので、300×8=2400円が答です。

形太
形太

何をしているのか、よくわからないなぁ……

みみずく
みみずく

それなら、線分図を描いてみると、わかりやすいよ。

同じ長さの線分に注目しよう

2人の所持金を2本の線分図で表してみます。

ポイントは、4:3と5:3を区別するために○と□を使うことと、2人とも同じ本を買ったので900円を左に寄せて描くことです。

【倍数算】線分図がわかりやすい!比の応用問題の簡単な解き方を紹介

下の図に書き足した赤い線分が2人の所持金の差です。

【倍数算】線分図がわかりやすい!比の応用問題の簡単な解き方を紹介

①と2は同じ長さなので、①と2の最小公倍数の2にそろえます。そうすると、下の図のように、④→8、③→6になります。

【倍数算】線分図がわかりやすい!比の応用問題の簡単な解き方を紹介

853=900円なので、1=900÷3=300円です。A君のもとの所持金は8なので、300×8=2400円が答です。

数美
数美

「差が一定(変わらない)」というのは、線分図の右を見ればいいのね!

比を最小公倍数にそろえよう

線分図の描き方によっては、差が一定であることに気づきにくくなります。たとえば、次の線分図のように、900円を右に書いた場合です。

【倍数算】線分図がわかりやすい!比の応用問題の簡単な解き方を紹介

このような線分図で考えるなら、○か□のどちらかの比を最小公倍数にそろえてしまいましょう

下の図では、④と③を最小公倍数の⑫にそろえました。

上の線分は、④を4倍したので、5と900円も5倍しました。一方、下の線分は、③を3倍したので、3と900円も3倍しました。

【倍数算】線分図がわかりやすい!比の応用問題の簡単な解き方を紹介

赤い線分に注目して、15123、3600-2700=900円なので、3=900円です。したがって、1=900÷3=300円とわかりました。

A君のもとの所持金は5+900なので、300×5+900=2400円が答です。

みみずく
みみずく

5315にそろえても解けるよ。興味のある受験生はチャレンジしてみよう!

○か□のどちらかの比を最小公倍数にそろえる解き方は、差が一定でなくても使えます。どんな倍数算でも解けるようになりたければ、こちらの解き方に慣れておくとよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました