【速さの単位換算法】時速を分速に変換するとき60で割るのは何故?

【速さの単位換算法】時速を分速に変換するとき60で割るのは何故? 速さ

中学受験生の皆さんは、時速を分速に変換するときに60で割る理由をきちんと説明できますか?

何となく60で割っている受験生のために、速さの単位換算をていねいに解説します。

スポンサーリンク

時速を分速に変換しよう

【問題1】時速288kmは分速何kmですか。

1時間を分に変換すると、1×60で60分です。2時間なら2×60で120分、5時間なら5×60で300分です。時間を分に変換するときは60をかけます。

【問題1】は時速を分速に変換する問題です。それならば、60をかけるべきではないのでしょうか?

このような疑問に答えられない受験生は、時速と分速の意味を思い出しましょう。

  • 時速…1時間に進む道のり
  • 分速…1分間に進む道のり

時速の意味から考えれば、時速288kmは「1時間で288km進む」だとわかります。1時間は60分なので、「1時間で288km進む」は「60分間で288km進む」と言いかえられます。

一方、「分速何kmですか」も「1分間に何km進みますか」と言いかえられます。

したがって、【問題1】は「60分間(=1時間)で288km進むなら、1分間で何km進みますか」と言いかえられます。60分間から1分間に時間が短くなれば、進む道のりも短くなります。そのため、比例の考え方から、288÷60=4.8より分速4.8kmが答です。

【速さの単位換算法】時速を分速に変換するとき60で割るのは何故?

スポンサーリンク

kmをmに変換しよう

【問題1】を少しひねってみます。

【問題2】時速288kmは分速何mですか。

【問題1】から時速288kmは分速4.8kmです。この分速4.8kmのkmをmに変換します。

【問題2】を言いかえると「1分間で4.8km進むなら、1分間で何m進みますか」となります。1分間という時間に変化はないので、単純にkmをmに変換するだけです。60で割ったり60をかけたりする必要はありません。

1kmは1000mなので、4.8×1000=4800より分速4800mが答です。

kmとmの変換に自信がない受験生は、以下の記事を参考にしてください。

【量の単位のしくみ】SI接頭辞がわかれば単位換算も簡単にできる!
小学生が苦手とする単元に「量の単位のしくみ」があります。「3kmは何cmですか?」のような単位換算で、多くの中学受験生が混乱します。一見すると難しそうな単位換算について、SI接頭辞をふまえた攻略法をお伝えします。
スポンサーリンク

時速を秒速に変換しよう

最後に、もう1問考えてみましょう。

【問題3】時速288kmは秒速何mですか。

【問題2】から、時速288kmは分速4800mです。この分速4800mの分速を秒速に変換します。

1分間は60秒間なので、【問題3】を言いかえると「60秒間(=1分間)で4800m進むなら、1秒間で何m進みますか」となります。比例の考え方から、4800÷60=80より秒速80mが答です。

【速さの単位換算法】時速を分速に変換するとき60で割るのは何故?

【問題1】や【問題2】を利用しないなら、まず288kmを288000mに書きかえましょう。次に、1時間は3600秒なので、【問題3】を「3600秒間(=1時間)で288000m進むなら、1秒間で何m進みますか」と言いかえます。そうすれば、288000÷3600=80より秒速80mを求められます。

【速さの単位換算法】時速を分速に変換するとき60で割るのは何故?

速さの単位換算では、「時速を分速に変換するときは60で割る」などを丸暗記するのではなく、速さの意味から考えられるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました