やってはいけない勉強法7選!成績が上がらない子の特徴と具体的対策

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記勉強法

「勉強を頑張る」とはどういうことでしょうか?

塾に通い詰めたり、大量の課題をこなしたり、何時間も自習したり……。涙ぐましい努力をしているのに結果が出ず、「勉強しても成績が上がらない!」と嘆いている生徒たちがいます。多大な時間と労力(とお金)をかけて勉強しているのに、学校の定期試験ですら7割止まり。どうしても成績が上がりません。

そんな生徒たちには共通点があります。やってはいけない勉強法を紹介し、具体的対策を提案します。

【No.1】弱点から目を背ける

自分の失敗を認めようとせず、間違いを直視しない生徒たちがいます。間違いを指摘されても、「ここまでできているからいいじゃないですか!」と開き直ります。ひどい場合だと、間違いを消しゴムで消して修正し、その上から赤ペンで丸をつけます。

このタイプの生徒は、できない問題はいつまでもできないままです。普段の勉強でも自分の間違いを無視して、できる問題ばかりをこなしたがります。

対策

弱点から目を背ける生徒には、間違いを赤ペンできちんと書かせます。特に、間違いの内容を具体的に言葉で書かせるのが有効です。「符号が変わるのに+のままだった」「yesterdayがあるのにplayが現在形のままだった」などと、間違った問題の脇にいちいち書かせます。弱点を見つめざるを得ない状況を作るわけです。

とはいえ、弱点から目を背ける生徒の多くはプライドが高く、誰が何と言おうと、本人がどんなにひどい失敗をしようと、しばらくするとまた、弱点から目を背けるようになります。指導者の指示を守らないこともあります。

このような生徒には、気長に付き合う覚悟で、何度も何度も同じことを指摘し続けるしかありません。目標が高くない(上位校志望でない)生徒であれば、褒めておだてて、その生徒のプライドを尊重する方がいいでしょう。

【No.2】その場で完璧にしない

多くの生徒たちは、できなかった問題や間違った問題を赤ペンで修正します。しかし、その後、彼らは、その問題を解き直しません。「後で復習するからいいや」といって次の問題に進もうとします。これは最悪の勉強法です。

「理解した」と思う問題でも、数分後に解き直すと「あれ?できない」ということがよくあります。数分後ですらこうなのですから、数時間後、数日後なら、「理解した」はずのことが何一つ記憶に残っていないことでしょう。

できなかった問題や間違った問題は、その場で完璧にしなければ、いつまでもできないままです。数分後にできない問題が、数日後にできるようになっていることはありません。

それにもかかわらず、多くの生徒たちは、「後で復習するからいいや」と安易に考えがちです。その「後で復習」は、もはや復習になっていません。0からのやり直しは、記憶を復元する作業ではないからです。

対策

その場で、完璧になるまで解き直させます。

短時間で解き直させるのがポイントです。数分でバーッと記憶を復元させます。書く時間がもったいない場合は、生徒に口頭で説明させます。指導者(保護者)は、「少し考えれば思い出せる」という生徒の言い分を一切認めず、「分からないなら答を見ていいから、その後にもう一度解き直しなさい」と指示します。

もちろん、30分後、次の日、3日後……と解き直しさせるのも忘れてはいけません(宿題として指示&次回指導時に確認)。

【No.3】過程にこだわらない

答が合っていれば、その答に至る過程にはこだわらない、という生徒は少なくありません。そういう生徒たちは、普段の問題演習の意義を理解していないのでしょう。国語の勉強で特に顕著です。

過程にこだわらない生徒たちは、答え合わせの際に解説を読みません。数学であれば、途中式のチェックもしません。あいまいな知識があってもほったらかし。そのため、同じ問題なら解けても、数値や文言をほんの少し変えられただけの問題でも、「分からない」とパニックに陥ります。

対策

「答が合っていればOK」というのは試験本番限定の話。普段の問題演習では、「答が合っているかどうか?」はオマケのようなものです。それよりも、「どうしてその答になったのか?」を徹底的に追及する姿勢が大切です。そのため、僕は生徒に、答に至る過程を全て書かせます。

数学では、「途中式を書きなさい」というのが当たり前ですが、同様のことを他の科目でも生徒に要求します。

国語では、本文中の参照箇所に線を引かせ、正解以外の選択肢の間違いチェックもさせます。英語では、その答になる根拠を言葉で書かせ、和訳の無い(短文の)問題は和訳させます。「どうしてその答になったの?」と口頭でしつこく聞くのも有効です。

【No.4】自分でテストしない

たくさん問題をこなしているのに成績が振るわない生徒は、普段の問題演習で気合いが入っていません。テレビを見ながら解いたり、音楽を聴きながら解いたり……。そこまでひどくなくても、教科書を眺めながら空欄を埋めて「ハイ、おしまい!」という生徒はたくさんいます。

対策

1周目の勉強では、教科書などを確認しながら問題を解いても構いません。しかし、2周目以降の復習では、全ての問題をテストだと思って解くことが大切です。したがって、生徒に復習させる際は、制限時間を設けて、「●割以上正解する」という目標を立てさせます。緊張感をもって問題を解かせます。

また、生徒の普段の勉強スタイルもチェックします。「自分でテストする」を実践させる上で、学校の授業でさせられるようなノートまとめは無駄です。ワークが無い科目のノート作りをさせるにしても、「(問題)鎌倉幕府を開いた人は?(答)源頼朝」のように、一問一答形式の問題をノートに書かせます。こういうノートならば、後で生徒が自分でテストできます。

もちろん、問題集などに直接答を書きこむのはNGです。必要に応じて、ワークなどを事前にコピーしましょう。

学校のワークで定期テスト対策!提出物を何度も解き直す方法
問題集を使って勉強する場合、その問題集に答を直接書き込むのはNGです。しかし、学校から配布されるワークは、ほとんどの場合、答を書き込んで提出させられます。こうした提出物を何度も解き直すにはどうすればよいのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました