【敬語】小中学生必見!尊敬語と謙譲語の使い分けを徹底マスター

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記国文法

小中学校では、口語文法の「敬語」を学びます。しかし、生徒たちは敬語をなかなかマスターできません。そんな生徒たちのために、敬語の使い方をまとめました。テスト対策に活用してください。

敬語の種類

敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があります。

尊敬語

尊敬語は、動作の主体に対する敬意を表す言葉です。尊敬語には、次の3種類があります。

敬語動詞

  • 先生がおっしゃる。(「言う」の尊敬語)
  • お客様がいらっしゃる。(「来る」の尊敬語)

お~になる

  • 先生がお帰りになる

~れる・られる

  • お客様がお菓子を食べられる

謙譲語

動作の主体を低めて、動作の客体に対する敬意を表す言葉です。謙譲語には、次の2種類があります。

敬語動詞

  • 私が申し上げる。(「言う」の謙譲語)
  • 私の姉が参る。(「行く」の謙譲語)

お~する

  • 私がお客様をお送りする

丁寧語

丁寧語は、話し手が聞き手に敬意を表したり、上品に言ったりするときに使う言葉です。次の言葉が丁寧語です。

です・ます・ございます・おります

  • 今日は晴れです
  • こちらが商品でございます
尊敬語と謙譲語の敬語動詞については、以下の表を参考にしてください。
エリンギ先生戦略室

コメント

タイトルとURLをコピーしました