【整序英作文】英語の並べ替え問題を攻略!意訳を直訳に変換しよう

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 中学英語

前ページまでで、意訳を直訳に変換するコツを3つ紹介しました。さらに追加でコツを紹介しますね。

スポンサーリンク

【コツ その4】肯定と否定の非対応をチェックする

これほど美しい絵を一度も見たことがない。

This is the most beautiful picture that I have ever seen.

日本語と英文とで主語・述語は全く対応していないし、英文中の“I”の訳も日本語にはありません。そんな嫌らしさ満載の問題ですが、生徒たちが一番混乱するのは、日本語の「ない」です。「ない」という日本語があるのに、英文には一切否定語が無いんですね!もはや詐欺レベル!!(笑)

というわけで、英文を直訳してみると、「これは、私が今まで見てきた中で一番美しい絵だ。」です。ポイントは、「一度も見たことがない」が「今まで見てきた中で一番」と変換されることです。つまり、否定表現を最上級に言い換えているわけです。

このような言い換えは、英語の書き換え問題でも頻繁に目にします。たとえば、「富士山は日本で最も高い山だ。」を直訳すると“Mt. Fuji is the highest mountain in Japan.”です。これの書き換えとして、“No other mountain in Japan is higher than Mt. Fuji.”「富士山より高い山は日本にはない。」が有名ですね。

否定表現の言い換えには、他にも以下のようなイディオムがあります。

far from A (直訳)Aから遠い → (意訳)決してAではない

the last person who +肯定文 (直訳)~する最後の人 → (意訳)決して~しない人

こういう嫌らしいイディオムは入試で狙われやすいので、しっかり覚えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました