スポンサーリンク
国語一般

【センター現代文】センター試験型マーク模試を利用した弱点分析法

「現代文ができません」という大学受験生を対象とした弱点分析法を紹介します。センター試験型マーク模試を利用して自分の弱点を把握できれば、「自分は何をすべきか?」に気付けるかもしれません。
教育論

「めんどくさい」が口癖の子供は優等生候補?楽したい心理と向き合う

「めんどくさい」という言葉にはマイナスイメージがつきまといます。しかし、「めんどくさい」という感情は必ずしも悪者ではありません。僕がIT業界で学んだ大切な視点を、実体験に基づいて紹介します。
漢文

【漢文】使役の書き下し文と口語訳で注意すべき2つのポイント

漢文では、重要句法の1つに、「~させる」という意味の使役があります。この使役について、注意すべき2つのポイントを紹介します。句法を正しく理解して、白文を書き下し文にしたり口語訳したりするスキルを磨きましょう。
国語一般

国語辞典で慣用句や複合語を調べるには?辞書の引き方を考える

最近の子どもたちは、国語辞典の引き方を知らないため、「耳が痛い」などの言葉の意味を調べられません。こうした傾向をふまえて、本記事では、慣用句や複合語を国語辞典でどう調べるかについて解説します。
勉強法一般

ワーク提出で最高評価をGET!平常点アップのための「見せ方」5選

中学校では、定期テストの前後にワークを提出します。このワーク提出は平常点に関わるので、最高評価をもらうことが大切です。「頑張り」や「努力」をきちんと示して先生の好感度をアップさせるには、何をすべきでしょうか?
算数

補助線の引き方が合否を決する!図形に線を描く際に必要な2つの視点

中学受験や高校受験の算数・数学の図形問題では、補助線の引き方がとても大切です。「どうしてそこに補助線を引くの?」という疑問を解決するため、図形に補助線を描く際に必要な2つの視点を紹介します。
算数

【速さと比】歩数と歩幅の問題が苦手?線分図があれば公式は不要だよ

中学受験算数の「速さと比」の単元には、歩数と歩幅に関する問題があります。この問題の解説を通して、逆算思考や情報整理の流れを紹介します。解法丸暗記ではなく、「なぜ?どうして?」を掘り下げてみましょう。
算数

こんでいるのはどっちかな?~「単位量あたりの大きさ」を理解する~

小学5年の算数で学ぶ「こんでいるのはどっちかな」という単元は、多くの小学生が混乱する単元です。混乱の原因を考えながら、「単位量あたりの大きさ」について理解しましょう。数値の大小とこみ具合の関係はどうなっているのでしょうか?
算数

小学生必見!計算ミスをなくす方法で効果的な“割り算禁止”って何?

計算ミスの多い生徒や計算の遅い生徒は割り算でつまずきます。彼らの悩みを解決するための実践的な方法を紹介します。また、「~しなければならない」という思い込みを捨てると、今までできなかったことが簡単にできるようになります。
定期テスト対策

学校のワークで定期テスト対策!提出物を何度も解き直す方法

問題集を使って勉強する場合、その問題集に答を直接書き込むのはNGです。しかし、学校から配布されるワークは、ほとんどの場合、答を書き込んで提出させられます。こうした提出物を何度も解き直すにはどうすればよいのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました