「継続は力なり」を実現するには?勉強を続けて結果を出すコツ7選

「継続は力なり」を実現するには?勉強を続けて結果を出すコツ7選 勉強法一般

勉強では継続が大切です。「継続は力なり」という格言の通り、継続することで実力が伸び、好ましい結果をもたらす可能性が高くなるからです。

多くの生徒は勉強を継続できないため、学んだことを忘れ、テストでも結果を残せません。だからこそ、勉強を継続できている生徒は、それだけでも称賛に値します。

しかし、継続だけでは学力や成績が頭打ちになるという現実もあります。家庭教師の問い合わせでも「うちの子は毎日コツコツ頑張っているのに、全然成績が上がらない」という相談がとても多いことが、この現実を物語っています。

本記事では、勉強を継続できている生徒に向けて、継続の質を高めるコツを紹介します。

スポンサーリンク

継続だけでは頭打ちになる理由

何となく勉強するだけでは、どんなに長く続けても、100点満点のテストで70点程度しか取れません。そもそも、継続だけでは学力や成績が頭打ちになるのはなぜでしょうか?

野球を例に考えてみましょう。

野球が上手くなりたいという人が、サッカーボールを蹴る練習を続けたらどうなるでしょうか?毎日素振りをするとして、バットをとにかく振り回すだけで、ヒットやホームランを打てるようになるのでしょうか?

どちらも野球の練習として不適切なのは明らかです。この例のように、練習を継続するにしても、その練習方法がおかしいと、上手くならないどころか、逆にどんどん下手になります。場合によっては、大けがにつながることもあるでしょう。

勉強も野球などのスポーツと同じです。不適切な勉強方法を継続すると、学力や成績が上がらないどころか、逆にどんどん下がっていきます。場合によっては、テストで自己最低点を叩き出すこともあるでしょう。「勉強すればするほど勉強ができなくなる」という負のスパイラルに陥ります。

趣味で勉強するなら、どんな勉強方法でも構いません。自分の好きなように取り組んでください。しかし、定期テストや入学試験で結果を求めるなら、勉強を継続するだけでなく、継続の質を高める必要があります

コメント

タイトルとURLをコピーしました