【税についての作文】税金に詳しくない中学生のための文章作成法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

中学生にとって、夏休みの作文課題の中で一番厄介なのが「税についての作文」です。

税金についてよく知らない中学生は、「何を書けばいいの?」と大混乱です。そんな中学生のために、「税についての作文」の書き方を伝授しましょう。

広告

【STEP 1】結論を決める

過去記事でも書いた通り、作文では、結論を先に決めることが大切です。「税についての作文」では、どのような結論が好ましいのでしょうか?

「税についての作文」を主催する国税庁のHPから、ヒントになりそうな言葉を引用します。

将来を担う中学生の皆さんが、身近に感じた税に関すること、学校で学んだ税に関すること、テレビや新聞などで知った税の話などを題材とした作文を書くことで、税について関心を持ち、正しい理解を深めていただくという趣旨で実施しているものです。

国税庁のいう「正しい理解」とは、国税庁の理想とする優等生的な理解だと考えてください。この理解から導き出されるのは、たとえば、次のような結論です。

・税金をしっかり納めるべきだ。

・税金は国民全員のためにある。

・税金を無駄遣いしてはいけない。

「税金を無駄遣いしてはいけない」という結論を書く場合は注意が必要です。あまりに過激なことを書くと、怒られる可能性が高いからです。

「国会議員が多過ぎるので定数を削減しろ!」「オリンピックは無駄なので中止しろ!」など、いくら真実……いえ、思い込みで他者を批判してはいけません。まして、「国税庁主催で作文大会を開催すること自体、税金の無駄遣いです!!」と本当のことを書くのはNGですよ(笑)。

というわけで、マイナスイメージを伴わない結論が理想的です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です