逆算思考で作文に無駄なことを書かない!ゴミ問題の意見文を例として

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

作文の体験談では、具体的に書くことが大切です。

とはいえ、「具体的に」だからといって、何でもかんでも詳細に書けばいいというわけではありません。ここを勘違いしている生徒がたくさんいます。そんな勘違い答案例をまずはお見せしましょう。

「ゴミ問題」というテーマで、二百字以内の意見文を書きなさい。

【答案例】
 中学二年の三学期、私は母と一緒にフリーマーケットに出店した。会場となった川沿いの公園には、大人から子どもまでたくさんの人たちが遊びに来ていた。客と出店者の会話も盛んで、とても楽しい雰囲気だった。私は商品が売れるかどうか不安だったが、思った以上にいろいろ売れた。小学生の女の子が服を買ってくれたのは嬉しかった。
 フリーマーケットの経験を通して、私はゴミ問題について改めて考えさせられた。

【答案例】には、具体的な情報がたくさん盛り込まれています。しかし、それらの情報のほとんどが不要です。「ゴミ問題」の例としてフリーマーケットを上げるのはいいのですが、肝心の「ゴミ問題」については何も書かれていません。

たった二百字しか書けない作文では、何も考えずに書き始めると、【答案例】のように無駄な記述ばかりの悪文になります。

というわけで、二百字程度の短い作文では、無駄なことを書かないことが大切です。【答案例】を添削しながら、無駄なことを書かないための方法論を3つのSTEPで考えていきましょう。

広告

【STEP 1】結論を膨らませる

作文を書き始める前に結論を決め、その結論を念頭に置いて体験談を書きましょう。

【答案例】の結論は、「フリーマーケットの経験を通して、私はゴミ問題について改めて考えさせられた。」です。

「ゴミ問題について改めて考えさせられた」こととは一体何なのでしょうか?

たとえば、フリーマーケットは、経済産業省も推進する「3R」のうちの「リユース」(再使用)を促します。リユースはゴミの排出量の抑制につながります。このことを踏まえて、【答案例】の結論を次のように膨らませます。

フリーマーケットは3Rのうちのリユースに当たり、ゴミの量を減らすことにもつながる。一人一人がリユースの意識を持てば、ゴミ問題が深刻にはならないはずだ。

こうして書き換えた結論を踏まえて、次に情報の取捨選択をします。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です