国語問題集の選び方にはコツがある!解説が詳しいだけではダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国語問題集の選び方にはコツがある!解説が詳しいだけではダメな理由

国語教材には、過去問集でない限り、ろくなものがありません。その理由については、「塾用の国語教材はゴミ!過去問を解いて国語の偏差値を上げよう!」を参照してください。

もっとも、過去問集でも、解説をパラパラめくってみると???なものばかりなのが悲しい現実です。印刷費の問題という“大人の事情”から解説が充実していないなら理解できます。一方、「詳しい解説」を謳っているにもかかわらずその解説がゴミ、という本当にどうしようもない過去問集が巷にはあふれています。

本記事では、過去問集などの国語問題集の選び方を紹介します。

広告

「解答を導くために本文のどこを見たのか?」が分からない

以前僕が購入した国語問題集は、解説がどうしようもないくらいダメでした。解説の文章が難解だとか、手抜きっぽいとか、そういうことではありません。むしろ、解説集は問題集と同じくらいの厚さがあり、かなり丁寧に書かれていました。

しかし、この解説には、別の問題に応用できるノウハウが書かれていませんでした。そもそも同じ問題を解き直す場合でさえも、解説通りの思考ができるとは思えませんでした。もっと具体的にいうと、「解答を導くために本文のどこを見たのか?」が分からない解説だったんですね。

国語は、漢字や文学史などの問題でない限り、あくまでも本文に即して解答する科目です。これは、本文のどこかに解答の根拠があるということです。その根拠をしっかり示さずに、「●●は▲▲で、■■になるから、答はウ」と言われても、僕は全く納得できませんでした。

この問題集に限らず、市販の過去問集などを見ても、本文中の根拠をしっかり指摘できているものは少ない印象です。特に、中学受験や高校受験の問題集には、このような欠陥品がたくさんあります。

「何が詳しく解説されているか?」をチェックしよう

「問題集は解説の詳しいものを買いなさい」とはよく言われることですし、実際に正しい意見です。

しかし、国語問題集に関しては、「解説が詳しい=良い問題集」とは必ずしもいえません。受験生が自学自習用に国語問題集を買う場合や、国語が得意でない塾講師(家庭教師)が教材として国語問題集を買う場合には注意が必要です。

「詳しい解説」謳う問題集を手に取ったら、まずは「何が詳しく解説されているか?」をしっかりチェックするといいでしょう。

ひどい問題集だと、問題の解き方は僅か数行しか解説されておらず、語句の説明や筆者の略歴で字数が埋まっていることがあります。また、本文中の根拠を示さずに、答に至る過程を長々と説明している問題集も多いですね。

こういう問題集も、教養を深めるために買うのなら別に構いません。しかし、試験で点数を取る訓練に使うものとしては不適切です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください