志望理由書の書き方は?推薦入試やAO入試で上手に自己PRするコツ

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記入試対策

推薦入試やAO入試では志望理由書の提出が必要です。しかし、受験生が頑張って作成した志望理由書は、ほとんどの場合、自己PRになっていません。

本記事では、ダメダメ志望理由書を題材として、その改善例を紹介します。

ダメダメ志望理由書とは?

受験生が作成した志望理由書の初稿は、概ね以下のようになっています。

1. 本校の志望動機

●●高校に入学後は、勉強と部活を両立したいと思います。勉強面ではたくさんのことを学び、知識を増やしていきたいです。部活はサッカー部に入り、活躍できるような選手を目指します。……

2. 中学で頑張ったこと

私は中学時代、サッカー部に所属していました。2年の後半からは部長を務めました。いろいろ大変なこともありましたが、何とか頑張って部員達をまとめることができました。中総体では部員全員で一致団結し、とても素晴らしい経験ができました。……

3. 高校卒業後の進路

高校卒業後は大学進学を考えています。大学では様々な専門分野を学んで、人の役に立つ仕事に就けるように頑張ります。……

これはダメダメ志望理由書の典型ですね。とにかくツッコミどころ満載です。この志望理由書はどうしてダメダメなのでしょうか?

志望理由書は自己PRのための書類

前ページの志望理由書がダメダメな理由は、内容が具体的でないからです。僕がこの志望理由書を読まされたら、次のようにツッコみたくなります。

1. 本校の志望動機

  • 「たくさんのこと」って何?
  • どんな知識を増やしたいの?
  • 部活ではどんな活躍をしたいの?

2. 中学で頑張ったこと

  • 「いろいろ大変なこと」って何?
  • 何をどう「頑張って」いたの?
  • 「とても素晴らしい経験」ってどんな経験?

3. 高校卒業後の進路

  • どんな大学に進学したいの?
  • 何を専門的に学びたいの?
  • 「人の役に立つ仕事」って具体的に何?

志望理由書が具体的でないと、面接の際にはこうしたことを根掘り葉掘りツッコまれます。具体的な回答を用意していなかった受験生は、当然のことながら、しどろもどろになって冷や汗をかきます。

また、面接の場で志望理由などについて聞かれない場合は、自分の魅力を志望校にPRする機会すら失います。「たくさんのこと」「とても素晴らしい経験」がどんなに感動的なストーリーでも、それを面接官に伝えられなければ無意味です。

志望理由書は、赤の他人に受験生が自己PRするための大切な書類です。だからこそ、志望理由書には具体的な情報をしっかり盛り込んで、志望校の先生方に「この受験生は魅力的だな」と思わせる必要があります。

【推薦入試】面接や志望理由書のコツを伝授!例文で学ぶ合格ノウハウ
推薦入試の面接では「将来どんな仕事を就きたいか?」という将来の目標から逆算してストーリー仕立てに話せば、面接官や採点官を感動させられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました