【重複組合せ】同じものを何人かで分ける場合の数は何通りあるか?

【重複組合せ】同じものを何人かで分ける場合の数は何通りあるか?

同じものを何個でも取り出せる組合せを「重複組合せ」といいます。これは、同じものを何人かで分けるときの場合の数を求めるときに使う考え方です。今回は、多くの中学受験生が苦手とする重複組合せについて、さまざまな解き方を紹介します。

記事を読む

【場合の数】順列と組合せ、和の法則と積の法則を正しく使い分けよう

【場合の数】順列と組合せ、和の法則と積の法則を正しく使い分けよう

場合の数の基本となる「順列」と「組合せ」の区別、「和の法則」と「積の法則」の区別について解説します。例題を通して「何が違うのかな?」と考えてみましょう。場合の数の問題では、区別して場合分けすることがとても大切です。

記事を読む

【数の性質】偶数や奇数はどんな整数?和の法則性や見分け方を考える

【数の性質】偶数や奇数はどんな整数?和の法則性や見分け方を考える

整数の分類の中でも、いちばん基本となる偶数と奇数について詳しく紹介します。偶数や奇数はどんな整数ですか?偶数や奇数を足すとどのような結果になりますか?見分け方は?これらをしっかり説明できるようにしましょう。

記事を読む

【場合の数】“立体×動点×サイコロ”の応用問題にチャレンジしよう

【場合の数】“立体×動点×サイコロ”の応用問題にチャレンジしよう

中学受験生が「難しい」と感じる応用問題にチャレンジしてみましょう。立体と動点、場合の数が組み合わさった問題では、全てのサイコロの目を検討するのは賢明ではありません。では、どのように解けばよいのでしょうか?

記事を読む

ノートの作り方で合否が決まる!普段の勉強で記述問題対策もばっちり

ノートの作り方で合否が決まる!普段の勉強で記述問題対策もばっちり

記述問題を出題する中学を将来受験したいと考える受験生は、問題を頭の中で解くのではなく、式や日本語、図などをていねいに書くようにしましょう。本記事では、記述答案を書く練習にもなるノートの作り方を紹介します。

記事を読む

石川結貴『モンスターマザー世界は「わたし」でまわっている』を読む

石川結貴『モンスターマザー世界は「わたし」でまわっている』を読む

教育に携わろうとする者、現代のお母さま方について知っておく必要があります。そこで僕が手に取ったのは『モンスターマザー 世界は「わたし」でまわっている』でした。この本を読んで考えたことを書評としてまとめました。

記事を読む

国語問題集の選び方にはコツがある!解説が詳しいだけではダメな理由

国語問題集の選び方にはコツがある!解説が詳しいだけではダメな理由

国語問題集の多くは、「詳しい解説」を謳っているにもかかわらずその解説がゴミです。ゴミ問題集で勉強しても、国語の成績が上がらないどころか、却って混乱してしまいます。そんな問題集を購入しないためのコツを紹介します。

記事を読む

関係詞の選択問題を攻略!関係代名詞と関係副詞を正しく使い分けよう

関係詞の選択問題を攻略!関係代名詞と関係副詞を正しく使い分けよう

多くの受験生が苦手とする関係詞の選択問題について、その解き方を3STEPで紹介します。英文法問題では、「何となく」で答を選んで、正解・不正解の結果だけを見て一喜一憂してはいけません。1問をじっくり考えてみましょう。

記事を読む

国語の選択問題で使える“裏技”4選!不正解の選択肢を消去する視点

国語の選択問題で使える“裏技”4選!不正解の選択肢を消去する視点

国語の選択問題で、不正解の選択肢を選ばないための“裏技”を紹介します。本文を読まずに選択肢を消去するためには、どのような視点で選択肢を検討すればいいのでしょうか?国語が苦手な受験生必読です。

記事を読む

古文で形容詞の活用表をどう覚える?補助活用の覚え方を工夫しよう

古文で形容詞の活用表をどう覚える?補助活用の覚え方を工夫しよう

某高校では、古典の先生が「形容詞の活用表はギザギザに覚えなさい」と言うそうです。この先生はなぜこのようなことを言ったのでしょうか?形容詞の活用表をテーマに、高校の勉強について考えてみたいと思います。

記事を読む

【都立高校入試社会対策】過去問から考える資料読み取り問題のコツ

【都立高校入試社会対策】過去問から考える資料読み取り問題のコツ

都立高校入試社会では、公民分野や日本地理分野、近現代史を中心に、資料読み取り問題が必ず出題されます。このタイプは、知識が無くても、与えられた文章と資料とを照らし合わせ、きちんと情報処理できれば必ず正解できます。

記事を読む

書く力を伸ばす作文指導のコツとは?原稿用紙に何を書けばいいの?

書く力を伸ばす作文指導のコツとは?原稿用紙に何を書けばいいの?

多くの小中学生は、作文を書くとき、「書くことがありません!」と言って頭を抱えます。彼らが作文を書けない原因に迫り、その解決策について考えます。小中学生の書く力をぐんと伸ばすには、何を書かせればいいのでしょうか?

記事を読む

【if の使い方】和訳に頼らず英文法から副詞節と名詞節を見分ける

【if の使い方】和訳に頼らず英文法から副詞節と名詞節を見分ける

if節に関する文法問題は多くの高校生が苦手とします。if節が「もし…すれば」と訳す名詞節か、それとも「…するかどうか」と訳す副詞節なのか、について見分け方を解説します。和訳に頼らず英文法から考えることが大切です。

記事を読む

「2で割るのを忘れた!」は危険!三角形の面積計算で“不注意”撲滅

「2で割るのを忘れた!」は危険!三角形の面積計算で“不注意”撲滅

三角形の面積計算で「2で割るのを忘れた!」と言う生徒たちがいます。こうした間違いは一般的に「不注意ミス」「ポカミス」とされがちですが、実はその背後には本質的な問題が……。間違いの原因を分析し、その解決策を提案します。

記事を読む

直線が点からずれる!グラフや図形を上手に描くための定規の使い方

直線が点からずれる!グラフや図形を上手に描くための定規の使い方

算数・数学では、関数のグラフを描いたり、定規とコンパスを使って作図したりします。こうした作業が苦手な生徒たちは、点を通る直線がずれてしまいます。彼らが上手く直線を描けない理由を明らかにして、具体的な対策を紹介します。

記事を読む

【空欄補充】文同士の対比を見抜く!現代文の解法は漢文でも役立つ?

【空欄補充】文同士の対比を見抜く!現代文の解法は漢文でも役立つ?

国語を苦手とする生徒は、空欄補充問題を前にして「どれを入れても意味が通じるじゃん!」と文句を言います。そんな問題で正解を選ぶ方法を紹介します。文同士の対比を見抜く視点は、中学や高校で学ぶ漢文の読解でも役立ちます。

記事を読む

都立高校入試の社会には、知識が無くても解ける問題があるって本当?

都立高校入試の社会には、知識が無くても解ける問題があるって本当?

都立高校入試の社会は、他県の公立高校入試の社会と一味違います。過去問の解説を通してその傾向を把握し、都立高校受験生にとってどのような勉強法が有効かを考えます。知識の丸暗記よりも大切なこととは一体……!?

記事を読む

割合がわからない?線分図や「くもわ」で倍・百分率・歩合を完全理解

割合がわからない?線分図や「くもわ」で倍・百分率・歩合を完全理解

多くの小学生がつまずく「割合」について、その基本と線分図を使った解法、おまけで「くもわ」の図を解説します。公式当てはめではなく、線分図から比例関係を読み取って立式すると、頭の体操にもなって面白いですよ。

記事を読む

都立自校作成校受験対策は小学4・5年から始めよう!【生徒募集】

都立自校作成校受験対策は小学4・5年から始めよう!【生徒募集】

家庭教師のみみずくが、中学受験をしない小学4・5年生限定で若干名だけ生徒募集をします。学校の勉強に沿って先取りしながら英検・数検・漢検の上位級を取得し、第一志望の高校への合格、そしてその先にある大学受験に備えましょう。

記事を読む

【相似】平行線と三角形の問題ではちょうちょかピラミッドを探せ!

【相似】平行線と三角形の問題ではちょうちょかピラミッドを探せ!

多くの中学受験生が苦手とする算数の相似について、問題を解くときのポイントを解説します。平行線と三角形の問題ではちょうちょかピラミッドを探しましょう。後半では、有名な「ちょうちょの標本」問題にチャレンジ!

記事を読む