怠惰故に大学受験で失敗した子どもの浪人希望を保護者は認めるべき?

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 保護者・親子関係

結論を先に述べますね。

子どもが浪人してまで入りたいという大学が、MARCHや関関同立のレベルならば、一年間必死で勉強すれば合格するかもしれません。しかし、それより上の最難関大学になると、一年間必死で勉強したくらいではどうにもならないことが多いです。

したがって、怠惰故に失敗した子どもが旧帝大や早慶、医学部などを志望する場合、安易に浪人を認めない方が賢明です。

スポンサーリンク

子どもの浪人を認める基準

怠惰故に失敗した子どもが最難関大学合格を目指して浪人するのはリスキーです。しかし、以下の2つの基準のうちどちらか一方だけでも満たしている子どもなら、一年間の浪人生活で志望校に合格する可能性があります。

1. 過去に必死で何かに取り組み、結果を残したことがある。

2. 高校時代は進学校に通っていた。

1. 結果を残したことがある

1の基準でいう「何か」とは、中学受験や高校受験、部活など、何でも構いません。そうした「何か」のために一生懸命取り組んで、志望校合格や県大会進出など、結果を残した実績のある子どもなら、一年間の浪人生活でガラッと人間が変わることもあり得ます。

一方、頑張った経験はあっても一度も結果を残せてこなかった子どもには、ほとんどの場合、“負け癖”がついています。そういう子どもは、浪人しても、それこそ何浪しても、第一志望に入れない可能性が高いです。

2. 進学校に通っていた

2の基準は、子どもが卒業した高校の進学実績を見てください。最難関大学への進学者が全体の数%しかいない高校は進学校ではありません。

非進学校に通っていた生徒の多くは基礎学力が壊滅しています。中学レベルの英語が分からないとか、日本語の文章をまともに書けないとか、単純計算に時間がかかる上にミスが多いとか、このレベルの生徒がゴロゴロしています。

非進学校の生徒が基礎学力の補強からやり直すとなると、一浪では到底間に合いません。どんなに頑張っても最難関大学には手が届きません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました