勉強しても成績が上がらない!壁を越えられないダメダメ勉強法7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

「勉強を頑張る」とはどういうことでしょうか?

塾に通い詰めたり、大量の課題をこなしたり、何時間も自習したり……。

涙ぐましい努力をしている生徒たちの中には、思ったような結果を得られず、「勉強しても成績が上がらない!」と嘆いている生徒たちがいます。多大な時間と労力(とお金)をかけて勉強しているのに、学校の定期試験ですら7割止まり。どうしても壁を越えて突き抜けることができません。

そんな生徒たちには共通点があります。努力が結果に結びつかないダメダメ勉強法を紹介し、具体的な対策を提案します。

【No.1】弱点から目を背ける

自分の失敗を認めようとせず、間違いを直視しない生徒たちがいます。間違いを指摘されても、「ここまでできているからいいじゃないですか!」と開き直ります。ひどい場合だと、間違いを消しゴムで消して修正し、その上から赤ペンで丸をつけます。

このタイプの生徒は、できない問題はいつまでもできないままです。普段の勉強でも自分の間違いに無頓着で、できる問題ばかりをこなしたがります。

対策

弱点から目を背ける生徒には、間違いを赤ペンできちんと書かせます。特に、間違いの内容を具体的に言葉で書かせるのが有効です。「符号が変わるのに+のままだった」「yesterdayがあるのにplayが現在形のままだった」などと、間違った問題の脇にいちいち書かせます。弱点を見つめざるを得ない状況を作るわけです。

とはいえ、弱点から目を背ける生徒の多くはプライドが高く、誰が何と言おうと、本人がどんなにひどい失敗をしようと、しばらくするとまた、弱点から目を背けるようになります。指導者の指示を守らない生徒も多いですね。

このような生徒には、気長に付き合う覚悟で、何度も何度も同じことを指摘し続けるしかありません。目標が高くない(上位校志望でない)生徒であれば、褒めておだてて、その生徒のプライドを尊重する方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です