入試の長文化傾向と情報処理能力~「精読」や「読解力」は時代遅れ?

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 教育論
スポンサーリンク

問題を解くのに必要な箇所を探す

僕は、次のことを生徒たちにいつも言っています。

本文全体を完璧に理解しなくてもいいから、問題を解くのに必要な箇所だけ完璧に理解しなさい。

「問題を解くのに必要な箇所」は、設問中のヒントをもとに本文中から探して見つけます。そのため、僕の指導では、「問題を解くのに必要な箇所」の探し方をまずは教えます。(ただし、問題を解く前に本文を最初から最後まで読ませます。「設問を見てから本文を読みなさい」と指導しているわけではありません)

本文を全く読めない生徒を教える場合は、本文を最初から一文一文理解していく一般的な「精読」も行います。しかし、「本文には何が書いてあった?」という質問に対して「●●について書いてありました」と答えられる生徒にまで一般的な「精読」をさせるのは時間の無駄ですし、それを延々とさせられた生徒たちは国語や英語の読解を嫌いになります。

このような無駄な上につまらない国語の授業が、今でも多くの塾で行なわれています。更には、本文の内容を把握している生徒に対して、「もっと深く読みなさい」などと言うバカな塾講師もいるようです。そういう授業に出席し続けると国語の成績が面白いくらい下がります(笑)

さて、僕の指導では、「問題を解くのに必要な箇所」を生徒に探させた後、その見つけた箇所について、徹底的に文の構造把握や解釈をさせます。「精読」といっても、このレベルで十分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました