古文で形容詞の活用表をどう覚える?補助活用の覚え方を工夫しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

某高校では、古典の先生が「形容詞の活用表はギザギザに覚えなさい」と言うそうです。そんな話を生徒から聞いた僕は、「はあ?何言ってんの?」と思ってしまいました。

もっとも、この先生がなぜそう言ったのか、わからないわけではありません。しかし、それでもこの先生に対する怒りが収まらないんですよね。

というわけで、本記事では、形容詞の活用表をテーマに、高校の勉強について考えてみたいと思います。

広告

く・から・く・かり・し・き・かる・けれ・かれ?

古典文法における形容詞は、「うつくし」「あやし」「多し」など、「し」で言い切ります。物事の性質や状態、人の感情などを表す語で、他の語にくっつく(接続する)と形が変わります。「うつくし」は、「人」とくっつくと「うつくしき人」となり、「うつくしき」に変わりました。この形の変化を「活用」といいます。

活用を表にまとめたものが活用表です。たとえば、「なし」の場合、どんな語にくっついても形の変わらない「な」の部分が語幹、形の変わる「し」の部分が活用語尾です。この活用語尾を「未然形」「連用形」「終止形」「連体形」「已然形」「命令形」の順に並べれば、活用表の出来上がり!

この活用表ですが、2列になっていて、右列を本活用、左列を補助活用(カリ活用)といいます。そして、右列の命令形と、左列の終止形と已然形が抜けています。この抜けている部分を飛ばして覚えさせるために、某高校の古典の先生は「形容詞の活用表はギザギザに覚えなさい」と言ったんですね。

分かりにくいので、実際に「なし」の活用表を見てみましょう。

古文で形容詞の活用表をどう覚える?補助活用の覚え方を工夫しよう

先生は「く・から・く・かり・し・き・かる・けれ・かれ」という覚え方をさせたかったのでしょう。この先生に限らず、「く・から・く・かり……」はあちこちで聞かれる覚え方です。YouTubeで動画検索すると、これが歌になっている動画もヒットするのでびっくりです(笑)

「く・から・く・かり……」で形容詞の活用表を覚えられるなら、そのこと自体を批判するつもりはありません。しかし、形容詞の活用に初めて触れる生徒に、「く・から・く・かり……」を覚えさせるのは、ちょっと勘弁してほしいんですよね。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください