国語の記述問題で満点を狙おう!部分点しかもらえないNG解答例5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国語の記述問題で満点を狙おう!部分点しかもらえないNG解答例5選

前ページの(模範解答)と比べながら、5つのNG解答例を検討していきます。

広告

【NG解答例No1】要素が不足している

(NG解答例No1)相手をコントロールできないという、上手くいかない状況に執着するのではなく、自分を抜きにして相手の幸福を願うこと。(56字)

(NG解答例No1)は、解答に盛り込むべき要素の不足が減点対象です。かぎかっこ有りの「愛」の説明のうち、第1段落の内容が欠落しています。

(NG解答例No1)では、「相手をコントロールできない」と「上手くいかない状況」が同内容なので、どちらかを削ったうえで、第1段落の内容を挿入するといいでしょう。

要素の不足を無くすコツは、解答を書き始める前に準備をすることです。

今回の問題では、かぎかっこ有りの「愛」の説明が第1段落と第2段落にあり、かぎかっこ無しの「愛」の説明が第3段落にあることをチェックします。そして、解答作成に使いたい言葉(「相手への配慮がどんどん失われていく」「自分しか見えていない」など)に線を引き、字数の目安(それぞれの要素20字前後×3)を考えます。

準備をしないでいきなり解答欄に書き始めると、字数不足に陥って要素の不足になりがちです。

【NG解答例No2】具体例を入れている

(NG解答例No2)「おまえのため」と言って相手への配慮を欠いたり、困難に執着したりするのではなく、自分を抜きにして相手の幸福を願うこと。(59字)

(NG解答例No2)には、具体例が入っています。かぎかっこ有りの「愛」の説明に「『おまえのため』と言って」とありますが、これは「自分の思い通りに相手をコントロールしたいという欲求」がある状況の具体例です。

記述問題では、具体的に説明することを求められますが、具体例を用いて説明すると減点対象になります(「具体的」と「具体例」の違いは「具体的と具体例の違いとは?現代文の記述問題で大失点しないために」を参照してください)。なぜなら、具体例は特定の事例の説明にしかならず、筆者が伝えたいこと全般の説明にはならないからです。「チワワ」のことを熱く語るだけでは「犬」全体の説明にはなりません。

(NG解答例No2)では、「『おまえのため』と言って」を「相手をコントロールしようとして」などと言いかえるといいでしょう。もっとも、「自分しか見えていない」を入れるとなると、「相手をコントロールしようとして」などを入れる余地は無くなります。

解答に具体例を入れないようにするコツは、解答を書き始める前に具体例を線で消してしまうことです。

今回の問題では、第1段落1文目「『愛』が狂気に変わる前兆は、~」を線で消しましょう。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください