大学生必見!レポートや論文を執筆する前にすべき3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

大学生になると、高校までとは異なり、期末試験でレポートや論文を作成しなければならないことがあります。こうした試験では、事前にテーマが与えられて、期日までに2000字から5000字程度の文章を書いて提出することが求められます。

しかし、大学では、レポートや論文の書き方を丁寧に教えてくれるわけではありません。そのため、多くの大学生が「レポート(論文)をどうやって書くの?」と戸惑います。

そんな大学生のために、大学時代に僕が書いたレポート(論文)を題材にして、レポートや論文(以下「レポート」と表記する)を執筆する前にすべきことを3ステップで紹介します。

【注意】

本記事の内容は、学部の期末試験レベルの論文やレポートで、実験や観察、統計などを必要としない場合を想定しています。理系のレポートや本格的な卒業論文には当てはまらない記述もあります。

また、東大や京大などのトップレベルの大学では、本記事で紹介する書き方が通用しない可能性があります。

レポートの書き方をしっかり学びたい大学生は、所属する研究室の教授に指導を仰ぐのが一番です。また、以下の書籍を一読することもお勧めします。

レポート・論文の書き方入門

新品価格
¥1,080から
(2017/8/16 16:05時点)

広告

【Step1】問題提起と結論を決める

レポートを書く場合、何をするよりも先にやらなければならないのは、問題提起と結論を決めることです。

問題提起

問題提起とは、「●●は▲▲だろうか?」という「問い」を投げかけることです。大学での勉強は、「問い」の発見から始まります。

期末試験レベルのレポートを書く場合、受講した講義をヒントにするのが楽です。具体的には、次のことから「問い」を設定しましょう。

(1) 講義で学んだ内容について、「なぜ?」と疑問に思ったこと。

(2) 講義で学んだ理論などを適用できる、講義で紹介されていない事例。

(3) 講義で学んだ理論などと他の理論などとの組み合わせ。

たとえば、経済学でゲーム理論の「囚人のジレンマ」を学んだのであれば、「囚人のジレンマを解決するにはどうすればよいのか?」((1)の例)、「囚人のジレンマは東日本大震災後の復興事業でも成り立っていたのか?」((2)の例)、「囚人のジレンマとプラグマティズムはどのような関係にあるのか?」((3)の例)などの「問い」を設定できます。

結論

問題提起をしても、その「問い」に答えられなければ意味がありません。「●●は▲▲だろうか?しかし、私には、何をどう検討すればいいのかすら全く分かりません。」ではダメです。

したがって、問題提起に対する結論をあらかじめ決めてしまうことが大切です。

結論は、直観的に思いつくもので構いません。「囚人のジレンマを解決するにはどうすればよいのか?」に対しては、「長期的な信頼関係を築く」などがパッと思いつくでしょう。これで十分です。「『長期的な信頼関係』とは何か?」「長期的な信頼関係を築くにはどうするか?」などについては、調べていく中で明らかになるはずです。最初の段階では深く考えないことです。

逆に、パッと結論が思いつかない「問い」は破棄しましょう。調べながら結論を考えるのは無駄が多い上に、自分のすべきことの方向性を見失いがちだからです。

また、調べていく中で、自分の出した結論が間違っていると判明する場合もあります。そういう場合は、自分の考えた結論を破棄して正しい結論でレポートを書き進めるか、問題提起からやり直すか、のどちらかになります。

問題提起と結論の例

僕が大学時代に書いた「摂食障害の宗教学的考察――ケガレとタブーを手掛かりとして――」というレポートを見てみましょう。

このレポートは、宗教学の期末試験用に作成したものです。当時、僕は健康政策学ゼミに所属していて、ダイエットブームに興味を持っていました。そこで、ダイエットブームと関連する摂食障害(拒食症や過食症)を宗教学的に考えてみようと思いました。

問題提起は「摂食障害がどうして増えているのか?」で、結論は「摂食障害はケガレである。ケガレの中にいる女性たちをケ=日常生活に戻すためのハレ=祭りが機能していないため、摂食障害が増えている。」です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です