【語順!時制!名詞!】英語と日本語の違いを認識して英文法ミス撲滅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

英語が苦手な中高生のほとんどは、英語と日本語のルールをごっちゃにしています。彼らは、「日本語だと~なのに、英語だとどうして…なの?」を連発します。

「どうしても何も、英語と日本語は根本的に違う言語なのだから、ルールが異なるのは当たり前でしょ?」と僕は思うのですが、そこを納得できない生徒たちの多いこと……。

とはいえ、そんな生徒たちに対して、「当たり前でしょ?」ではあまりにも酷ですね。もっと具体的なアドヴァイスを提示します。

英語と日本語の違いはたくさんあります。しかし、その中でも特に覚えるべき違いを3つ、次の通りにピックアップします。

1. 語順

2. 時制

3. 名詞

これらの違いを1つずつ解説していきます。

広告

1. 語順

英語と日本語とでは、修飾・被修飾の語順が大きく異なります。

・日本語→前から後ろを修飾

・英語→後ろから前を修飾

英文法の授業では、「目的語」「補語」といわれるものも、日本語では多くの場合修飾語扱いです。それも踏まえて考えてみます。

修飾・被修飾の語順が異なる例

「私は本を読みました。」の「本を読みました」の部分は、「本を」が修飾語、「読みました」が被修飾語です。前から後ろを修飾していますね。

一方、「私は本を読みました。」を英訳した “I read a book.” です。「本を」と「読みました」の語順が、”read a book”と逆転してしまいます。これが、英語は後ろから前を修飾する、ということです(もっとも、”read a book”の語順は“修飾・被修飾”とはいわずに、“述語+目的語”として説明されるのが普通です)。

同様に、「その川で泳いでいる男性」を英訳すると”the man swimming in the river” です。「その川で泳いでいる」(修飾)+「男性」(被修飾)は、”the man”(被修飾)+ “swimming in the river”(修飾)に逆転します。

このように、後ろから前を修飾することを後置修飾といいます。後置修飾は、不定詞・分詞・関係詞で特に重要です。

修飾・被修飾の語順が一致する例

一語同士が結び付く場合、英語と日本語とで修飾・被修飾の語順が一致します。

「新しいカメラ」なら “new camera”(冠詞省略)、「とても楽しい」なら “very interesting” となりますよね。ただ、このような英語の語順は例外と認識した方が楽です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です