【都立高校入試国語対策】二百字作文が苦手?3つのことを書けば簡単

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

都立高校入試(共通問題)国語では、大問4の[問4]で二百字以内の作文が出題されます。たとえば、平成31年度の問題は次の通りです。

国語の授業でこの文章を読んだ後、「新しい『何か』に出会うこと」というテーマで自分の意見を発表することになった。このときにあなたが話す言葉を具体的な体験や見聞も含めて二百字以内で書け。

多くの高校受験生がこのような作文を苦手とします。しかし、都立高校入試国語の作文は、実はとても簡単に対策できて、得点源にすることすら可能です。

今回は、入試本番直前でも間に合う作文対策を紹介します。

広告

作文対策は「採点のポイント」の分析から始めよう

都立高校入試国語の作文については、東京都教育員会の「都立高等学校入学者選抜 学力検査問題及び正答表等」のページに「(参考)採点のポイント」が掲載されています。この「採点のポイント」に書かれている正答例と採点のポイントを分析すれば、どのような作文を書けばよいかが明らかとなります。

この「採点のポイント」に沿って、作文の書き方を具体的に考えてみましょう。問題や正答例は、都立高校入試の過去問が10年分収録されている「高校入試 虎の巻」で確認してください。

作文に書くべき“3つのこと”を把握しよう

「採点のポイント」に書かれている採点のポイントは次の3点です。

○テーマ「新しい『何か』に出会うこと」に即した自分の意見、主張が適切に書かれている。

○本文中の筆者の意見を的確に捉え、その主張を踏まえて、文章が適切に書かれている。

○自分の意見、主張の根拠となる具体的な体験や見聞について、適切に書かれている。

簡単にまとめると、「自分の意見、主張」「筆者の意見」「具体的な体験や見聞」の3つを作文に盛り込めばよいというわけです。

次に、正答例を分析しながら、これら3つがどのように書かれているかをチェックしていきます。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください