「量の単位のしくみ」でSI接頭辞を極める~単位換算の簡単攻略法~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

SI接頭辞の単位換算を真面目に倍数計算で考えると混乱します。

「1kmは1000mで、1mは100cmで……あれぇ?」

そんな小学生たちに、僕は、単位換算を小数点の移動として教えています。

広告

単位換算を小数点の移動と考える

「3kmは□mです。」ならば以下のように考えます。

まず、前ページの表のように単位を書き並べます。ここで注意してほしいのは、単位を書き並べる際、左から「k(キロ)、h(ヘクト)、da(デカ)、×(なし)、d(デシ)、c(センチ)、m(ミリ)」とします。真ん中の「×」は必ず入れてください。

次に、もとの単位から換算後の単位まで、左右どちらの方向に何個分移動したか、を考えます。「3kmは□mです。」では、「k」から「×」まで、右方向に3個移動しました。

みみずく戦略室

最後に、単位の移動と同じ方向に同じ個数分だけ小数点を移動します。「3kmは□mです。」では、換算前の数値の小数点を右方向に3個分移動します。

みみずく戦略室

小数点の移動に伴って、「3」の右側には「0」を3個くっつけます。これで、「3km=3000m」の計算が終わりました!簡単ですよね?

cmからkmへの変換も超簡単!!

同様にして「35000cmは□kmです。」も片付けましょう!

みみずく戦略室

「c」から「k」までは、左方向に5マス移動しました。

換算前の数値の小数点を左方向に5個分移動します。小数点以下の「0」は消してくださいね。

みみずく戦略室

「35000cm=0.35km」の変換も超簡単にできました!!

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です