【敬語と古文読解】尊敬語と謙譲語から主語と目的語を把握する

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 古文

前ページで、尊敬語・謙譲語・丁寧語のそれぞれの用法をざっと眺めてみました。以降では、敬語をヒントにして省略された主語(S)を補うテクニックを紹介します。

スポンサーリンク

省略された主語を補う

「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ。」と仰せらるれば、御格子上げさせて、御簾を高く上げたれば、笑はせたまふ。

この文章は、『枕草子』からの引用です。教科書などでは「雪のいと高う降りたるを」というタイトルで紹介されることの多い段の一部です(問題はこちら)。主語(S)が一切明示されていないのが厄介ですね。

「仰せらるれば」の主語

「仰せらるれば」は、“サ行下二段動詞「仰す(おほす)」の未然形「仰せ」+尊敬の助動詞「らる」の已然形「らるれ」+接続助詞「ば」”です。「仰す」は、「言ふ」の尊敬語ですね。つまり、“尊敬語+尊敬の助動詞”で二重尊敬です。二重尊敬における敬意の対象は天皇や皇族、それに準ずる高貴な人たちです。

『枕草子』では、二重尊敬の対象となり得る人物といえば、清少納言が仕えていた中宮定子(一条天皇の皇后)です。このように、敬語表現から敬意の対象が明らかだから、主語が省略されるのです。

さて、「仰せらるれば」の「ば」は、多くの場合、主語が変わる目印です。そのことを意識しながら「ば」の後を読んでいくと、「上げさせて」「上げたれば」と述語に尊敬語が使われていません。「ば」の前後で主語が変わっていると判断できます。

「上げさせて」「上げたれば」の主語

「上げさせて」「上げたれば」の主語は、「少納言よ、香炉峰の雪、いかならむ。」という中宮定子の発言から、作者の清少納言であると分かります。

ちなみに、「上げさせて」の「させ」は使役の助動詞「さす」の連用形です。最高階級に属する中宮定子が自らの手で格子(=細い角材を縦横に組み合わせた戸)を上げるわけがありませんので、「させ」は尊敬ではありません。「上げさせて」は、清少納言が女官に格子を上げさせた、という意味です。

「上げさせて」の「て」の前後は、多くの場合、主語が変わりません。そのため、「上げたれば」の主語も清少納言と考えます。

「上げたれば」で再び「ば」が登場するのできっと主語が変わるんだろうな、と思いつつ最後の文節を見てみましょう。

「笑はせたまふ」の主語

「笑はせたまふ」は、“ハ行四段動詞「笑ふ」の未然形「笑は」+尊敬の助動詞「す」の連用形「せ」+ハ行四段動詞「たまふ」の終止形”です。「たまふ」は尊敬語ですから、「せたまふ」で二重尊敬となり、この文節の主語は中宮定子であると判断できます(「せたまふ」の「せ」は、ほとんどが尊敬の助動詞です)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました