【敬語と古文読解】尊敬語と謙譲語から主語と目的語を把握する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

古文が読みにくいには省略が多いからです。特に、主語の省略が目立ちます。

そうした省略箇所さえきちんと押さえて読めれば、古文は難しくありません。本記事では、古文の重要文法事項である敬語から省略箇所を補うテクニックを紹介します。

広告

敬語の種類

古文に登場する敬語は尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類です。これは現代語と同じですね。しかし、「目上の人を敬うのが尊敬語で、自分がへりくだるのが謙譲語」という現代的な敬語の用法は、古文には当てはまりません。「現代語の敬語≠古文の敬語」です。

敬意の方向

古文の敬語問題で問われるのは敬意の方向です。「この敬語は誰から誰に対する敬意を表しているか」という問題ですね。

古文で敬意の方向を考えるときは、まず「SがOに(を)~する。」(S=主語(「~が」「~は」の部分)、O=目的語(「~を」「~に」の部分))という形を見つけてください。述語の「~する」の部分にどんな敬語が使われるかで敬意の方向が変わります。

尊敬語・謙譲語・丁寧語のそれぞれについて、敬意の方向を確認してみましょう。

尊敬語

尊敬語は為手(して)尊敬です。為手尊敬とは、作者(話し手)が、話題の中の動作をする人に敬意を表すことです。敬意の方向を簡潔にまとめると次の通りです。

・地の文:作者 → S

・会話文:話し手 → S

※「地(じ)の文」は会話文以外の文。

たとえば、「御門きこしめす。」という地の文の場合、「きこしめす」の敬意の方向は「作者→御門(天皇)」です。これが会話文なら、「きこしめす」の敬意の方向は「話し手→御門(天皇)」です。

謙譲語

謙譲語は受け手尊敬です。受け手尊敬とは、作者(話し手)が、話題の中の動作をされる人に敬意を表すことです。敬意の方向を簡潔にまとめると次の通りです。

・地の文:作者 → O

・会話文:話し手 → O

たとえば、「内にまゐる。」という地の文の場合、「まゐる」の敬意の方向は「作者→内(内の主=天皇)」です。これが会話文なら、「まゐる」の敬意の方向は「話し手→内(内の主=天皇)」です。

丁寧語

丁寧語は聞き手尊敬です。聞き手尊敬とは、作者(話し手)が、文章を読んでいる(話を聞いている)人に敬意を表すことです。敬意の方向を簡潔にまとめると次の通りです。

・地の文:作者 → 読者

・会話文:話し手 → 聞き手

丁寧語の例文は要らないでしょう。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です