【漢字暗記法6選】意味や用例と一緒に漢字を覚える方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

小中学生の多くは「漢字を覚えられない!」と悩みます。覚えるべき漢字が膨大だからです。

小中学校の国語で扱う漢字は2136字で、常用漢字と呼ばれています。小学校では約1000字を、中学校では更に約1000字を学びます。これらの漢字は互いに結びついて熟語を作るため、覚えるべき言葉は2136字では済みません。

そこで、本記事では、意味や用例と一緒に漢字を覚える方法を紹介します。

広告

『うんこ漢字ドリル』ブームを考える

本題に入る前に時事ネタについて少しだけ書きたいと思います。

最近では、漢字を効率よく子どもたちに暗記させるツールとして、『うんこ漢字ドリル』が大ブームです。『うんこ漢字ドリル』は、「うんこ」という言葉を含む例文で、小学校で習う漢字を網羅しています。

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学6年生

新品価格
¥1,058から
(2017/7/15 15:09時点)


「日本一楽しい漢字ドリル」というキャッチフレーズの通り、うんこに過剰反応する小学生にとっては、とても「楽しい」ドリルなのかもしれません。しかし、『うんこ漢字ドリル』を使って漢字を覚えた子どもたちは、漢字を暗記できたとしても、それらを「使える言葉」としては習得できないでしょう。うんこのインパクトが強過ぎて、漢字の意味や用例が飛んでしまうからです。

もっとも、このような事情は、一般的な漢字ドリルでも同じです。無味乾燥なドリルを使って漢字を暗記しても、意味や用例が定着しなければその漢字を日常生活では使えません。そうなると、「漢字を覚える=苦行」となりがちです。ある意味、『うんこ漢字ドリル』よりも悪影響が大きいといえます。

従来のドリル学習(反復学習による暗記)には、多くの問題点が見られます。したがって、ドリル学習とは違った視点からの漢字学習が模索されるべきです。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です