「量の単位のしくみ」でSI接頭辞を極める~単位換算の簡単攻略法~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記
【問題1】0.5dLは□cm3です。

この問題は、そもそも単位が異なるので、小数点の移動では解けません。では、どうやって解くのでしょうか?

単位が異なる場合はどうするの?

まずは次の4つを覚えてください。

【暗記事項】

(1) 1mL = 1cm3

(2) 1kL = 1m3

(3) 1a(アール) = 100m2

(4) 1t(トン) = 1000kg

この4つはただのルールです。「どうしてそうなるのか?」という疑問を抱いても意味がありません。とにかく覚えてください!!

以上の【暗記事項】を踏まえて【問題1】を解いていきますよ。

【問題1】では、「dL」と「cm3」が登場します。「cm3」は【暗記事項】の(1)にありますが、「dL」は【暗記事項】に存在しません。そこで、【暗記事項】の(1)を使うために、「dL」を「mL」に直します。

小数点の移動テクニックを使います。「d(デシ)」から「m(ミリ)」への変換は、小数点を右に2個移動します。

0.5dL = 50mL

「mL」は「cm3」にそのまま書き換えられますね。

50mL = 50cm3

したがって 0.5dL = 50cm3

これで終了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です