【「の」の用法】主格・連体修飾格・準体格・同格を文法的に考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記
広告

1. 主格

主語と述語の関係を作る「の」です。

描いた絵を見た。

この文の「の」の前後に要注意!!

「彼の描いた」では、「描いた」の主語に当たるのは「彼の」です。つまり、「彼描いた」は「彼描いた」と言い換えられます。「が」に言い換えられる「の」を主格といいます。

また、“体言+「の」+用言”の場合、その「の」は主格である可能性が高いです。「彼の描いた」についても、「彼」は代名詞で「描く」は動詞です。

(ここでいう「体言」とは名詞・代名詞を指し、「用言」とは動詞・形容詞・形容動詞を指します。大丈夫ですよね?)

2. 連体修飾格

修飾・被修飾の関係を作る「の」です。

尻尾を踏んだ。

この文の「の」の前後に要注意!!

「犬の尻尾」では、「犬の」は「尻尾」を修飾します。

(「修飾」とは、特定の言葉を詳しく説明することをいいます。大丈夫ですよね?)

ここで用いられる「の」は、他の言葉に言い換えられません。言い換え不能の「の」が連体修飾格です。

また、“体言+「の」+体言”の場合、その「の」は連体修飾格である可能性が高いです。「犬の尻尾」についても、「犬」「尻尾」は名詞ですね。

3. 準体格

別名「体言の代用」と呼ばれる「の」です。「体言の代用」という表現が分かりづらいですが、とりあえず例文を見てみましょう。

君の本は面白いが、僕は面白くない。

最初の「の」は連体修飾格ですが、2つ目の「の」が準体格です。「僕は面白くない」は、「僕のものは面白くない」と言い換えられます。「もの」に言い換えられる「の」を準体格といいます。

「の」の直後に助詞(「が」「は」「を」など)が続く場合、その「の」の多くは準体格です。「僕のは面白くない」についても、「の」の後ろに助詞「は」が続いています。

4. 同格

直前の名詞の言い換えが「の」の後に続きます。

猫の白い方を飼いたい。

この文では、“猫=白い方”という関係が成り立ちます。「猫白い方」は、「猫白い方」と言い換えられます。「で」に言い換えられる「の」が同格です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください