【漢文】使役の書き下し文と口語訳で注意すべき2つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

高校で学ぶ漢文では、句法をきちんと覚えることが大切です。中でも、「~させる」という意味の使役は、大学入試でも頻出の重要句法です。

本記事では、漢文の使役について、注意すべき2つのポイントを解説します。

広告

【その1】「~せしむ」は間違い

漢文の一般的な参考書などには、次のように使役が紹介されているはずです。

使AB(Aは名詞、Bは動詞) ※使役の助字は「使」「令」「教」「遣」

この形を「AをしてBせしむ」と書き下すのは、場合によっては間違いになります。動詞Bの送り仮名は必ずしも「せ」ではないからです。

「使AB」を訓読する場合、Bから「使(しむ)」に返ります。そのため、Bは、使役の助動詞「しむ」に接続する形になります。

ここで、動詞の活用に関する古典文法の知識を思い出しましょう。使役の助動詞「しむ」に接続する活用形は未然形です。

Bが訓読みできない漢字であれば、その漢字にサ行変格活用(サ変)動詞「す」を付けて動詞化します。この場合、「す」の活用表は「せ・し・す・する・すれ・せよ」なので、未然形は「せ」です。したがって、「使AB」は「AをしてBせしむ」で問題ありません。

一方、Bが「知」だと、送り仮名「る」を付けて「知る」と訓読みします。「知る」は四段活用動詞なので、活用表は「ら・り・る・る・れ・れ」で、未然形は「知ら」です。したがって、「使A知」は「Aをして知らしむ」と書き下し、「知らしむ」にはなりません。

国公立大学の二次試験では、漢文の問題で白文を書き下す問題がしばしば出題されます。こうした問題で失点しないためにも、「使AB」は、「AをしてBせしむ」ではなく「AをしてBしむ(B=未然形)」と覚えましょう。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください