【割り算の筆算】割る数と割られる数から効率的に商を決定するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

多くの小学生は割り算でつまずきます。小学生にとって、割り算の何が難しいのでしょうか?

割り算の難しさとして考えられるのは次の2点です。

・筆算の形式が今までと異なる。

・足し算・引き算・かけ算の全てが計算に絡む。

とはいえ、この2点は慣れの問題です。くり返し練習すれば、ほとんどの小学生はできるようになります。

一方、次の点は見落とされがちですが、多くの生徒たちのつまずきポイントとなっています。

・商を決定できない。

生徒たちは割り算の筆算方法を分かっています。それにもかかわらず、商をいつまでも決定できず、グチャグチャ頭の中で考えているうちに「割り算わかんない~」となってしまいます。こういう生徒たちの計算過程を分析してみましょう。

割り算はかけ算の逆演算?

たとえば”567÷24”。

割り算を苦手とする生徒は、「24に何をかけると567になるんだろう?」と考えてしまいます。紙の隅で、“24×25”“24×31”などの筆算を頑張る生徒もいます。

確かに、割り算はかけ算の逆演算です。“24×□=567”を満たす□をしらみつぶしに探していく方法も決して間違いではありません。しかし、この方法は時間がかかり過ぎる上に面倒です。もっと効率的な方法を使わないと、「割り算が苦手!」を克服できません。

では、どうすれば効率的に商を決定できるのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です