書く力を伸ばす作文指導のコツとは?原稿用紙に何を書けばいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

多くの小中学生は、作文を書くとき、「書くことがありません!」と言って頭を抱えます。彼らは、四百字詰め原稿用紙1枚の半分である二百字くらいを書いてギブアップ。中には、二百字すら書けない生徒もちらほら……。

本記事では、彼らが作文を書けない原因に迫り、その解決策について考えます。

広告

「思ったことを書きなさい」が作文教育をダメにする

多くの小中学生が作文を書けないのは、彼らに書く力がないからではなく、学校の作文教育がダメダメだからです。

一般に、学校の作文教育では、先生は次のように言います。

「思ったことを書きなさい」

「考えたことを書きなさい」

これらの言葉が諸悪の根源なんですね。こんなことを言われた生徒たちは、「友達とけんかして悲しかった」という内容で作文を書くとき、「悲しかった」の部分だけを一生懸命考えます。

「悲しかった……う~ん……つらかったなぁ……仲直りしたいとも思ったなぁ……う~ん……」

確かに、これでは「書くことがありません!」となってしまいます。自分の感情を適切な言葉で、しかも、それなりの字数で書くのは、大人でもかなり難しいことです。それを小中学生にやらせようということ自体がそもそもナンセンス!

しかし、ナンセンスがまかり通るのが日本の作文教育です。高校入試の作文問題でも「あなたの考えを書きなさい」という設問になっているので、生徒たちは「考え」に気を取られるんですよ。

作文でメインに書くべきことは、「思ったこと」や「考えたこと」ではありません。では、何を書けばいいのでしょうか?

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です