【敬語と古文読解】尊敬語と謙譲語から主語と目的語を把握する

みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記 古文

前ページの通り、古文では、敬語表現の変化がそのまま主語(S)の変化と結びついています。一方、謙譲語が使われている場合、動作を受ける目的語(O)が偉い人であると判断できます。謙譲語の例も見てみましょう。

スポンサーリンク

省略された目的語を補う

寺などにては、もし、おして人などやなし奉るとて、一尺ばかりの刀どもを抜きかけてぞ守り申しける。

この文章は、『大鏡』からの引用です。教科書などでは「花山天皇の出家」というタイトルで紹介されることの多い段の最後です(問題はこちら)。
「なし奉る」の主語は「人など」、「抜きかけてぞ守り申しける」の主語は「源氏の武士たち」です。この部分で厄介なのは、誰を「なし奉る」のか、また、誰を「守り申しける」のか、が分かりにくい点です。目的語(O)が省略されているんですね。

「なし奉る」の目的語

「なし奉る」は、“サ行四段動詞「なす」の連用形+ラ行四段動詞「奉る」の連体形”です。ここでは、「なす」を「出家させる」の意味で捉えましょう。

「奉る」は謙譲語なので、「人がOを出家させ申し上げないか」と訳したときのOは偉い人です。この文章で偉い人は花山天皇と粟田殿(藤原道兼)です。文脈上、出家されては困る人は粟田殿なので、「なし奉る」の目的語(O)は粟田殿です。

「守り申しける」の目的語

「守り申しける」は、“ラ行四段動詞「守る」の連用形「守り」+サ行四段動詞「申す」の連用形+過去の助動詞「けり」の終止形「ける」”です。ここにも「申す」という謙譲語が使われているので、「源氏の武士たちがOを守り申し上げた」と訳したときのOは偉い人です。

出家されては困る粟田殿を武士たちが守っていると解釈するのが自然なので、「守り申しける」の目的語(O)も粟田殿です。

スポンサーリンク

読解ツールとしての敬語

古文でSやOが省略されるのは敬語表現が高度に発達していたからです。だからこそ、現代人が古文を読み解くためには、敬語をしっかりと理解することが近道なんですね。

文法問題としても頻出の敬語を、SやOを把握するための読解ツールとして使いこなしましょう!!

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ / モデル=河村友歌

コメント

タイトルとURLをコピーしました