怠惰故に大学受験で失敗した子どもの浪人希望を保護者は認めるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

ほとんどの国公立大学で二次試験が終了したこの時期、合格発表までソワソワする受験生たちは多いと思います。多くの私大専願者たちは既に合否が出ています。

第一志望の大学に合格した受験生たちは、春から始まるキャンパスライフに思いを馳せていることでしょう。一方、第一志望の大学に不合格だった受験生たちは、悲嘆に暮れているかもしれません。

大学受験は全国レベルの戦いです。有名大学の倍率は高く、高校受験とは比較にならないくらい過酷な競争となります。不合格者も少なくありません。とはいえ、今年の受験で涙を呑んだ受験生は、素直に現実を受け入れられるでしょうか?

滑り止めで合格した大学に進学するか?それとも、浪人して第一志望に再チャレンジするか?

このようなジレンマに苛まれる受験生は多いはずです。そして、悩んでしまうのは、受験生本人だけではありません。

広告

子どもの不合格に悩む保護者

不合格となった受験生以上にあれこれ考えるのが彼らの保護者です。「浪人して第一志望を目指したい」と子どもが言い始めたらなおさらです。

もっとも、次のようなケースならば、保護者もあまり悩まないでしょう。

・子どもが滑り止めを受けず、進学できる大学が無い。

・子どもが第一志望を目指して必死で勉強していた。

こういう子どもが「浪人する」と言うならば、多くの保護者はOKを出すと思います。しかし、次のような場合が問題となります。

さっぱり勉強していなかった子どもが、滑り止め大学には合格したが、案の定第一志望の大学に落ちた。

こういう子どもが「浪人する」と言う場合、それを認めるかどうかが保護者の悩みどころです。

既に支払った滑り止め大学の入学金を放棄し、更に一年間予備校通いの費用まで捻出して、怠惰故に失敗した子どもの浪人を認めるべきか?そもそも、一浪したくらいで、子どもが第一志望に合格できるのか?

そんな悩みを抱える保護者に向けて僕はアドヴァイスします。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です