【比較】比較級・最上級・原級を使った英作文を原理原則から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

中2英語の後半では「比較」を扱います。

生徒たちは、“比較級+ than ~”“the +最上級+ in/of ~”“as +原級+ as ~”という形を学校で教わります。しかし、単に「この形を覚えなさい」と言われるだけなので、少し複雑な英作文になると撃沈します。

本記事では、「比較」の英作文を正しく書くために必要な原理原則を解説します。

広告

2文をくっつけて1文にする

「ボブはトムより背が高い。」という比較級の文を作ってみましょう。このとき考えるべきは、「ボブは背が高い。」と「トムは背が高い。」の2文です。

① ボブは背が高い。 Bob is tall.

② トムは背が高い。 Tom is tall.

「ボブはトムより背が高い。」は、「ボブは~背が高い。」という主述関係なので、①が文の中心となります。したがって、①に②をくっつけます。

まずは、①で、比較級になる形容詞や副詞を探します。今回は“tall”が形容詞なので、これが“taller”に変形します。

次に、①で比較級にした形容詞や副詞と同じ単語を②から探して削除します。また、①と②は述語(動詞)が共通するので、②の“is”も省略します(省略せずに残すこともできます)。

これらの手順を経て、①と②の文は次のようになります。

① Bob is taller.   ② Tom ( is ) tall.

②を①の文末にくっつけるため、接続詞“than”を使います。

Bob is taller than Tom ( is ).

これで、「ボブはトムより背が高い。」という比較級の文が完成です。

英語の「比較」で大切なのは、2文をくっつけて1文にするという原理原則です。

原級や最上級の文も比較級の文と同じ

「彼は私よりも速く走れます。」も、「ボブはトムより背が高い。」と同じように考えてみます。

① 彼は早く走れます。 He can run fast.

② 私は早く走れます。 I can run fast.

→ ① He can run faster. + ② I ( can run ) fast.

→ He can run faster than I ( can ).

“than”の後ろが目的格の“me”ではなく主格の“I”なのは、2文をくっつけたからです。また、②の動詞を残したい場合、“can”だけを残します。

比較級の文だけでなく、原級や最上級の文も同じ理屈で考えます。

「彼は私と同じくらい速く走れます。」という原級表現の場合、①で副詞“fast”を“as ~ as”で囲み、その後ろに②をくっつけます。

He can run as fast as I ( can ).

“as fast as”で、“fast”の前の“as”は副詞、“fast”の後ろの“as”は接続詞です。

「彼は家族の中でもっとも速く走れます。」という最上級の場合、①で副詞 “fast”を最上級にして、“the +最上級+ in/of ~”の形にします。

He can run the fastest in his family.

最上級は2文をくっつけるわけではありませんが、①がもとになるという考え方は比較級や原級と同じです。

“more”の位置を間違えてはいけない

「由美は健より多くの本を持っています。」という文でよくある間違いは次の通りです。

Yumi has books more than Ken.

この文の間違いを発見するためには、原理原則通りに「由美は~多くの本を持っています。」という文を作ってみます。

Yumi has many books.

ここで注意すべきは“many”の位置です。「比較」の文を作るときは、もとになる文の語順を変えてはいけません。したがって、“many”の比較級である“more”は“books”の前に置きます。

Yumi has more books than Ken.

「比較」の英作文を書く場合、「~よりも」「~と同じくらい」「~の中で」といった部分を除いてもとになる文を先に考えましょう。そうすれば、“more”を複数名詞の後ろに置く、というありがちな間違いもなくなるはずです。

※「比較」の演習プリントを用意しました。「無料プリント」→「中学生用無料プリント」→「中学英語」→「中学2年」からプリントをダウンロードして、復習にご利用ください。

>>教材ダウンロード:無料プリント

トップ画像=Pixabay

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.