春から中学生になる小学6年生へ~国数英の予習復習と入学前の準備~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

小学6年生は、小学校生活も残すところあとわずか。6年間を過ごした学び舎で、充実した日々を送っていることでしょう。

そんな小学6年生の皆さんは、そろそろ中学の準備を始めてもいい時期です。とはいえ、何をどう準備すべきか分からない生徒や保護者がほとんどだと思います。本記事では、この時期から春休みにかけて、小学6年生が取り組むべきことについて提案します。

広告

国語

国語は積み重ねが大切な科目です。特に、語彙力の育成には膨大な時間がかかります。時間のある小学生は、日々の読書に加えて、漢字の練習・暗記にも毎日取り組みたいところです。

漢字検定を目標に漢字を暗記

学校の国語の授業では、学年ごとに漢字が配当されています。しかし、漢字に学年は関係ありません!!

小学生が高校配当の漢字を覚えてもいいわけです。頭の軟らかいうちに、漢字を詰め込めるだけ詰め込みましょう。

毎年6月には漢字検定が実施されます。春から中学生になる生徒たちは、6月の漢字検定で5~3級に合格することを目標に漢字を練習・暗記しましょう。

漢検5級漢字学習ステップ 改訂三版

新品価格
¥972から
(2016/3/5 12:58時点)

【発展】国文法の予習と文章作成の練習

余裕のある生徒は、国文法の予習もしましょう。文節や単語などの考え方に軽く触れておくと、国語の文法に限らず、英文法にもすんなりなじめます。「主語って何?」という中学生が多い中、文法用語をきちんと理解できているだけでかなり有利です。

高校入試国文法マスター100題

新品価格
¥839から
(2016/3/5 12:59時点)

また、読書感想文や人権作文など、夏休みの課題として必ず書かされることになる作文を書き上げておきましょう。そうすると、夏休みに忙しくても、手許にある作文を提出するだけなので楽です。夏休みの課題作文を書けなくてヒーヒー言っている他の生徒たちを見ながらニヤニヤするのも一興ですよ(笑)。

ただし、国文法の予習や作文の事前作成については、生徒一人で取り組むのは困難です。信頼できる塾や家庭教師を利用するといいでしょう。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です