数学で大切なのは計算よりも言語化!中学数学でつまずく原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

小学校時代「算数が得意!」と言っていた生徒の多くが中学数学でつまずきます。

中学数学第一の関門が、中学1年の中盤で学ぶ「一次方程式の利用」です。生徒たちは文章題に手も足も出なくなってしまいます。

そこを何とか誤魔化して(投げ出して?)も、第二の関門が待ち受けています。「比例・反比例」や「図形」の分野です。数学が苦手な生徒は学年末テストで20~30点台という悲惨なことに……。このような悲劇は、毎年全国の中学校で起こっています。

多くの中学生が、中学1年の中盤以降でつまずくのはどうしてでしょうか?

広告

すぐに計算をしようとする生徒たち

数学が苦手な生徒には、多くの場合、次の傾向が見られます。

やるべきことを理解しないまま、すぐに計算しようとする。

たとえば、円柱の表面積を求める問題があります。数学が苦手な生徒は、このタイプの問題を見ると、柱体の体積の公式に数値を当てはめます。何も考えずに、いきなり「底面積×高さ」を計算し始めるんですね。当然、一生懸命計算したところで円柱の表面積を求められるわけがありません。

そういう生徒に僕は質問します。

僕「君は何をしようとしてるの?」

生徒「計算しようとしたんです」

僕「いや、だからどうしてその計算をしたの?」

生徒「えっ、だって公式じゃないですか!」

この生徒が何も考えていないのは明らかです。彼に必要なのは計算練習ではありません。「計算する前にやるべきことを言語化する」という意識付けです。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です