直線が点からずれる!グラフや図形を上手に描くための定規の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

小中学生の算数・数学では、関数のグラフを描いたり、定規とコンパスを使って作図したりする問題があります。また、理科では、実験結果の表からグラフを描かなければならない場合があります。

こうした作業で上手く直線を描けない生徒たちがいます。ある点を通る直線を描いたはずなのに、直線がその点からずれているんですね。

本記事では、彼らが上手く直線を描けない理由を明らかにして、具体的な対策を紹介します。

広告

「直線が2点からずれてしまう」という悩み

2点A、Bを通る直線を描く場合、「直線が2点からずれてしまう」と悩む生徒たちがいます。彼らが描いた直線は、以下のように、2点A、Bより少し上を通っています。

みみずく戦略室

このくらいの大きさに拡大すると、ずれは大したことないように思われるかもしれません。

しかし、実際の試験では、答案用紙の解答欄は小さいため、このくらいずれると、グラフや図形がかなり不正確になります。描いた線が通るべき点を通らず、本来通らないはずの点を通っていたら、当たり前ですが×になります。

こうした悩みを抱える生徒に対して、僕は、何をどう改善すればよいのかをアドバイスします。

直線が2点からずれるのはどうして?

僕は、生徒の定規の使い方を観察します。すると、点からずれた直線を描く生徒たちの多くは、以下のように定規を置くんですね。

みみずく戦略室

これが、点から直線がずれる原因です。定規を点の上に置いた状態で直線を引くと、その直線は点の中心を通りません。だから、点の上を通る直線は、点から離れれば離れるほど大きなずれとなってしまいます。

では、定規をどう置けば、ずれない直線を描けるのでしょうか?

やるべきことは簡単です。以下のように、点の下に定規を置けばいいだけです。

みみずく戦略室

この状態で直線を引けば、その直線は点の中心を通ります。このことをアドバイスするだけで、生徒の描くグラフや図形が正確なものになるんですね。

みみずく戦略室

必要なのは精神論でなく具体的な方法論

不正確なグラフや図形を描く生徒に対して、学校の先生や保護者は「ていねいに描きなさい」「注意深く描きなさい」と言いがちです。しかし、「ていねいに」「注意深く」などの精神論では、生徒が上手く直線を描けるようにはなりません。

特に、最近の生徒たちは、絵を描いたり工作したりすることが少ないからか、道具の使い方や作図の工夫などに考えが至らない場合が多いようです。大人が思っている以上に、彼らは不器用なんですね。

そんな生徒たちに必要なのは、「定規をどう使うべきか?」という具体的な方法論です。生徒たちの「できない」の原因を見極め、それを合理的に克服させるのが、家庭教師である僕の役割です。

トップ画像=Pixabay

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です