【漢文】使役の書き下し文と口語訳で注意すべき2つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記
広告

【その2】動詞が2つある場合

次の白文は『史記』「項羽本紀」の一文です。これを書き下して口語訳しましょう。

令騎皆下馬歩行。

この文には、「下」と「歩行」の2つの動詞があります。この2つをきちんと書き下して訳せるかがポイントです。

「S使AB1B2」という形では、1つ目の動詞B1は、“連用形+「て」”と書き下します。一方、2つ目の動詞B2は、“未然形+「しむ」”と書き下します。

『史記』「項羽本紀」の白文では、「下」は訓読みできて上二段活用動詞なので、「下りて」となります。一方、「歩行」は訓読みできないので、サ行変格活用(サ変)動詞「す」の未然形を送り仮名にします。したがって、「歩行せしむ」となります。

騎をして皆馬を下りて歩行せしむ。

次に、口語訳ですが、次の訳は誤訳です。

(項羽は)馬を下りて、騎馬兵を全員歩かせた。

誤訳の理由は、「下」の主語が項羽になっている点です。「下」という動作をしたのは「騎」です。それにもかかわらず、「下」を「下りて」と書き下しているのに惑わされ、「下」の主語を取り違えてしまいがちです。

正しい口語訳は次の通りです。

(項羽は)騎馬兵を全員馬から下りさせて歩かせた。

以上をふまえてまとめます。

S使AB1B2

(書き下し文)SAをしてB1してB2しむ

(口語訳)SはAにB1させてB2させる。

「しむ(「使」など)」はB1とB2の両方の動詞に使役に意味を付与します。この点に注意が必要です。

ちなみに、使役形「使AB」の動詞Bは、最大で2つというわけではありません。動詞が3つ、4つ……と続く文もあります。この場合も考え方は同じで、最後の動詞だけ“未然形+「しむ」”にして、他の動詞は全て“連用形+「て」”にします。もちろん、「しむ」は、全ての動詞に使役の意味を付与します。

漢文は得点源になる

多くの高校生は漢文に苦手意識を持っています。漢字の羅列を前にして気持ちが萎えるのでしょう。

しかし、漢文は、覚えるべき句法が少ない上に、入試問題となる文章は短く、内容も平易です。そのため、漢文は、少し勉強しただけで得点源になります。

漢文の重要句法を一通り勉強した後、本記事で紹介したような細かいことも覚えておけば、文系受験生の中でも優位に立てること間違いなしです。

トップ画像=Pixabay

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください