主語と述語の問題が苦手?小学生にもわかりやすく見つけ方を教えるよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
主語と述語の問題が苦手?小学生にもわかりやすく見つけ方を教えるよ

国語の文法問題の中に、主語や述語を見つける問題があります。多くの小学生や中学生は、「主語」「述語」と聞いただけで「無理!」と拒絶反応を示します(笑)

そんな小中学生のために、本記事では主語や述語の見つけ方をわかりやすく解説します。

広告

主語と述語は文節単位で考えよう

日本語では、「。」(句点)が終わったところから次の「。」までの一続きを「文」といいます。「僕は公園で野球をした。その後、家に帰って夕食を食べた。」は、「僕は公園で野球をした。」と「その後、家に帰って夕食を食べた。」がそれぞれ文です。

次に、文を不自然にならないレベルで区切った最小単位を「文節」といいます。「不自然にならない」の意味がよくわかりませんが、学校などでは「『ネ』を入れて区切りましょう」と教わることが多いでしょう。「僕は公園で野球をした。」を文節で区切れば、「僕は(ネ)/公園で(ネ)/野球を(ネ)/した。(ネ)/」です。

文節単位で考えるとき、動作や状態の主体となるのが「主語」で、動作や状態などを表すのが「述語」です。これだけだと、何を言っているのか、よくわからないのではないでしょうか?

もう少し説明すると、「何(だれ)がどうする」の「何(だれ)が」が主語で、「どうする」が述語です。述語の「どうする」は、「どんなだ」「何だ」になることもあります。

・何(だれ)がどうする → 主語:何(だれ)が / 述語:どうする

・何(だれ)がどんなだ → 主語:何(だれ)が / 述語:どんなだ

・何(だれ)が何だ → 主語:何(だれ)が / 述語:何だ

「僕は公園で野球をした。」なら、「僕は」が主語で、「した。」が述語です。「何(だれ)がどうする」型の文であるとわかります。

最初に述語を見つけてしまおう

「主語と述語は文節がどうこう」と言われても、小中学生にとってはやはり???でしょう。もっと実践的な主語と述語の見分け方を紹介します。

主語と述語を見分ける問題では、最初に述語を見つけてしまいます。なぜなら、述語を見つけるのはとても簡単だからです。

日本語の文では、文末(文の最後)の文節が述語になるのが原則です。「僕は公園で野球をした。」なら、「した」が述語です。「その後、家に帰って夕食を食べた。」なら、「食べた」が述語です。

ただし、文が途中で省略されている場合や倒置法が使われている場合は例外です。「君はどこへ?」みたいな文では、述語の「行くの?」が省略されています。一方、「僕はその時計を買うんだ、絶対に。」みたいな文が倒置法で、本来の語順である「僕はその時計を絶対に買うんだ。」に直したときの文末「買うんだ」が述語です。

述語を見つけたら、次は主語を見つけましょう。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください