具体的と具体例の違いとは?現代文の記述問題で大失点しないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

現代文の問題で「『犬』について具体的に説明しなさい」とあると、多くの生徒たちは3や4を書いて×を食らいます。「犬」の具体的な説明として、どうして「チワワ」や「うちのポチ」ではダメなのでしょうか?

広告

具体例を答案に書くと×になる

確かに3や4は具体的です。しかし、具体的過ぎて具体例になっています。現代文の試験では、「具体例は答にならない」という暗黙のルールがあります。

このルールを知らないと、一生懸命書いた答が×になります。大学受験生でも、記述問題で具体例を書き連ねている人がいます。痛々しいですね(笑)。

では、「具体的」と「具体例」の違いは何なのでしょうか?

具体例が答にならない理由

「犬」を例にして、1、3、4の関係を考えます。3は1に含まれます。たとえば、チワワは犬の一種です。同じように、4は3に含まれます。うちで飼っているポチはチワワだわ……という感じです。

つまり、1→3→4の順番で、言葉の意味する範囲が狭くなっています。広い範囲の事物や概念の一部を取り出して、その一部を詳しく説明することを具体例といいます。「チワワ」や「ポチ」などの具体例をいくら詳しく説明しても、全ての「犬」を説明したことにはなりません。だから、具体例を答にすると×なのです。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください