【センター現代文】センター試験型マーク模試を利用した弱点分析法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

選択肢の検討方法

次に2です。

僕は基本的に消去法を勧めません。しかし、消去法に頼らないにしても、正解以外の選択肢の間違い箇所に線を引くことは大切だと考えています。本文中の根拠から一発で正解を選べる問題でも、他の選択肢までしっかり検討できれば、正答率は確実に上がるからです。

そして、模試の復習時には、「各選択肢で自分が『間違い』と判断した箇所は適切だったか?」を解説と照らし合わせます。

自分が「間違い」と判断した箇所が解説と異なっていたら、その原因を分析します。おそらく次のいずれかに該当するはずです。

① 正解以外の選択肢の間違い箇所を指摘できなかった。

② 分からない語句に惑わされてしまった。

③ 最後の2つに絞ったが、微妙な違いを見分けられなかった。

①は、本文から解答の根拠を探すことにばかり気を取られ、選択肢をきちんと検討できていない可能性があります。客観式テストの現代文では、本文だけでなく、選択肢にもきちんと目を通すようにしましょう。本文の読解にばかり時間を割いてはいけません。

②は語彙力不足です。選択肢中にある「恣意的」の意味が分からず、結局正しい選択肢を選べなかった、というタイプの生徒です。こういう生徒は、現代文の問題を解くよりも、以下のような問題集を使って語彙を増やしましょう

頻出現代文重要語700 (新版完全征服)

新品価格
¥886から
(2017/7/9 01:01時点)


③で毎回失敗する生徒は、普段から「いい加減」なのです。身の回りの物事をしっかり観察し、「何が同じで何が違うのか?」を意識しながら生活しましょう。日常生活の改善がそのままセンター現代文の対策になります。

広告

プロに弱点分析を依頼する

本記事で紹介した弱点分析法をきちんと行えば、「現代文ができない」原因をある程度把握できます。そうすれば、誰かに相談する前に、「自分は何をすべきか?」に気付けるかもしれません。

もっとも、弱点分析法が使えるのは、大手予備校が主催する模擬試験に関してのみです。中学受験や高校受験を対象とした模試は、解説がお粗末過ぎて自己分析には使えない場合がほとんどです。また、市販の高校生向け現代文問題集の中には、解説が使い物にならないものも多くあります。こちらも自己分析には使えません。

大手予備校の模試を受けられないなどの事情で弱点を分析できない受験生は、プロに分析を依頼するのが一番です。僕も、模試の結果から生徒の弱点を炙り出すのを得意としています。弱点分析(有料)をご希望の方は、お問い合わせページからご連絡ください。

トップ画像=フリー写真素材ぱくたそ / モデル=河村友歌

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください