【推薦入試】面接や志望理由書のコツを伝授!例文で学ぶ合格ノウハウ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記

僕の指導では、推薦入試を受ける受験生のために、面接の練習や志望理由書の添削を実施します。彼らの話を聞いたり、彼らが書いた文章を読んだりすると、僕は「う~ん……」と頭を抱えてしまいます。というのも、彼らの話や文章には説得力がないからです。

では、どうすれば説得力を高められるのでしょうか?本記事では、推薦入試を成功させるためのコツを紹介します。

広告

説得力のある話や文章には一貫性が必要

説得力のない話や文章は内容に一貫性がありません。たとえば、「志望動機は貴校の文武両道の校風に魅力を感じたからです」「中学生活ではバスケ部の部長を務めました」「高校では理系科目の勉強に力を入れたいです」という3つの内容を話す(書く)とします。それぞれの内容を詳しく説明するのは誰でもできます。しかし、多くの生徒たちは、その3つがどうつながっているのかを説明できません。このことを「一貫性がない」といいます。

ストーリーを支える将来の目標

一貫性のある話をしたり文章を書いたりするには、ストーリーが必要です。一見すると脈絡のないことでも、ストーリー仕立てにするとつじつまが合うものです。「桃、犬、キジ、サル」だけでは意味不明ですが、「桃から生まれた桃太郎は、犬、キジ、サルと一緒に鬼退治に出かけました。」とすれば、「ああ、なるほど!」となります。

そして、このストーリーを支えるのが将来の目標です。桃太郎の話であれば、「鬼退治」という目標があるから、桃から桃太郎が生まれますし、犬もキジもサルも仲間になるのです。推薦入試の面接や志望理由書も、まずは将来の目標を定めることから始めましょう。

将来どんな仕事に就きたいか?

高校受験や大学受験の場合、将来の目標は「将来どんな仕事を就きたいか?」です。まずはこの目標を決めてしまいましょう。本記事では、「将来医者になりたい」という将来の目標を例にして、そこから面接や志望理由書の内容を膨らませていきます。

まずは、「医者になりたい」と思った動機を考えましょう。本記事では、「私が子どもの頃、大好きな祖父ががんで亡くなりました。このときの悲しみがきっかけで、がん患者を救うために医者になりたいと思うようになりました。」というところからスタートします。

「医者になりたい」といっても、「父が開業医で跡を継がなければならない」「テレビ番組で医者の活躍を見てかっこいいと思った」などの動機もあるでしょう。別にこれらの動機が悪いわけではありません。しかし、そのまま書くとダサいので、少し言葉を変える必要があります。例を以下に示します。

父が開業医で跡を継がなければならない。

→私の父は、私が住んでいる地域で唯一の開業医です。そのため、住民とのつながりが強く、地域にとって「なくてはならない存在」になっています。このような父の医院を継ぐことで、私も地域に貢献し、住民を支えていきたいと思います。

テレビ番組で医者の活躍を見てかっこいいと思った。

→テレビ番組で「国境なき医師団」の活躍を知ったとき、私も紛争地域で人道支援に従事したいと思いました。幼い頃、祖母から戦争体験を何度も聞かされて、そのとき「どうすれば争いの中で苦しんでいる人たちを救えるのだろう?」と何度も考えました。その一つの結論が「国境なき医師団」です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください