【税についての作文】税金に詳しくない中学生のための文章作成法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく先生のプロ家庭教師&ライター奮闘記
広告

【STEP 2】体験談を書く

以前、ある生徒との間で、次のような会話がありました。

生徒「先生。『税についての作文』には何を書けばいいんですか?」

僕「税金について、ご両親と話したことはないかい?」

生徒「ええっと……あっ、『タバコの値段の半分以上が税金だ』って、お父さんがグチってました!」

僕「おっ、いいネタ持ってるね!それで作文を書いてみたら?」

この会話の中に、「税についての作文」の体験談を決めるヒントがあります。

「税についての作文」というと、何か特別な体験談を書かなければいけないような気がします。中学生にとって、税が身近な存在ではないからです。

しかし、そんな「税についての作文」でも、体験談は身近なところから探すべきです。学校の公民の授業で習ったこと、身近な大人から聞いた話、税金が使われている施設を利用しての感想などから材料集めをします。

・買い物のときに払う消費税は何に使われるか?

・タバコやお酒にかかる税金はどのくらいか?

・学校や図書館などの運営資金はどこから出ているか?

・道路や公園などを整備できるのはどうしてか?

いろいろなテーマで書けそうですね。あまり難しく考えないことがポイントです。

そうはいっても、自分で何も思いつかないときは、身近な大人に相談しましょう!!

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメント

  1. お豆腐 より:

    パクりたくなる、、、、
    すごく分かりやすくて参考にさせていただきました!
    ありがとうございます

    • みみずく みみずく より:

      お役に立てて何よりです!

      パクっていただいても構わないのですが、おそらくバレると思います(笑)
      ご自身の体験に置きかえながら例文を書き直せば、立派な作文になるはずです。

      頑張ってください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください