割合がわからない?線分図や「くもわ」で倍・百分率・歩合を完全理解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みみずく戦略室

小学生が算数でつまずく単元に「割合」があります。割合は、中学受験の大手塾では主に4年で、公立小学校では5年で習います。しかし、イメージが湧きにくいのか、多くの小学生が混乱してしまいます。

本記事では、割合の基本と線分図を使った解法、おまけで「くもわ」の図を解説します。

広告

「割合」「もとにする量」「くらべる量」って何?

「割合」というと、多くの小学生が「難しい!」と考えがちです。しかし、考え方自体は難しくありません。とはいえ、いきなり「割合とは……」と始めると嫌がられそうなので、まずは別の数量関係について触れておきましょう。

12個のものをまとめて「1ダース」といいますよね?たとえば、鉛筆1ダースなら12本、消しゴム1ダースなら12個です。このように12個(本)を1ダースとするならば、24個で2ダース、36個で3ダース……となります。

割合もダースの考え方と基本的には同じです。「ダース」を「倍」に置きかえて、12個を「1倍」とすると、24個は2倍、36個は3倍……となります。では、6個は12個の何倍でしょうか?1倍の半分ですから、0.5倍もしくは1/2倍ですよね?

実は、2・3年で習う「倍」も割合です。そして、4・5年で本格的に割合を習うと、割合に「倍」がつかないこともあります。たとえば、「6個は12個の0.5(1/2)です。」などと書かれます。さらに、4・5年で習う割合は小数や分数になることが多いため、小学生は混乱してしまいます。しかし、やっていることは2・3年で習う「倍」と全く同じなので、同じように考えればOKです。

割合とは、基準となる数値を決めてそれを1(倍)としたとき、他の数値がどのくらいになるのかを表すことです。ここまでの例でいえば、12個を1にしているので、これが基準となる数値です。このように基準となる数値のことを「もとにする量」といいます。一方、12個に対して、24個は2、6個は0.5(1/2)と表されます。24個や6個など、基準となる数値以外の数値を「くらべる量(くらべられる量)」といいます。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.